2018年12月23日

12月22日(土)のクラブテニス

今年最後の3連休が始まりました!

(注:クラブテニス自体は30日の日曜日まであります。)

ワタクシこと広報部長が8:00にクラブハウスに到着すると、すでに駐車場にはグリグリーズの長兄クボ先輩と末っ子ささっくんが談笑してまして。

うわ〜〜、2頭の猛獣がお互いに甘噛みしてるぅ〜。

くわばらくわばら・・・

なので2人には3番コートで心置きなくぐりんぐりんのラリーを楽しんでもらうことにして、僕は安全に2番コートでサービス練習を始めました。

どうやったら角度をつけて打てるか試行錯誤を繰り返し45分間。

すると、3番ではシングルスが始まったでは、あ〜りませんか!

横から見てるぶんには面白いし、なによりとっても平和♪

いや〜〜、グリグリーズは「冬至」でも熱いな〜〜〜。

9:45にカゲヤマさんがやってきたので、僕たちも2番コートでラリーへ。

僕は隣の激戦に刺激されて、Air-Kを連発したり。

ただ、それが悪手でした。

何本目かのAir-Kがキレイに決まらなかったので、その次のは思いっきり踏み切ってドカーーン!

おお〜、今度はばっちり決まった!

しか〜〜〜し!

その代償として、踏切の時か着地の時かわかりませんが最後のAir-Kの後、左ふくらはぎにズキッと痛みが。

右利きの場合Air-Kは左足1本だけに負担がかかりますからね。

その直後はまだ走れたんですが、オールコートラリーをやってるうちにだんだん痛みが増して来まして。

9:30にカゲヤマさんが「休憩します」と。

そして代わりに入ったのは来たばかりのグリグリーズの次男坊(笑)

あのレフティーが剛腕を振るってビシバシと重いスピンを左右に打ち込んでくるもんですから、僕の左ふくらはぎはもう息も絶え絶え。

10:00〜11:00のサーブ&ラリー、そして12:00からのダブルスゲーム2試合はなんとか騙し騙し凌ぎました。

しかし3試合目、パートナーのコトコがあまりに良い球を打ち続けてくれてたので、僕もついついそれに報いねば!と頑張っちゃいまして。

左足のことをすっかり忘れてダイビングバックボレー!

その瞬間、僕の左足は「あぎっ!」という悲鳴と共にこと切れました\(^O^)/

走ることができなくなった4試合目は"固定砲台"となることに徹し、超低空飛行ながら13:00までのクラブテニスを乗り切った次第でございます。

ここで、僭越ながらみなさんにご忠告。

50歳が近くなってきたらAir-Kを連発するのは控えましょう。

日曜へと続く。
posted by 広報部長 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | クラブテニス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185251060

この記事へのトラックバック