2015年12月30日

チャンピオンシップ2015 FINAL

12月27日(日)にチャンピオンシップ決勝戦が行われました。

○決勝「河野(夫)vs 嶋本」
 この2人での決勝対決はこれで3年連続。2013年大会はシマちゃんが、そして2014年大会は部長が栄冠を手にした。年齢1つ違いのこの2人が秋のジャパンオープンへ観戦&飲ミニケーションに繰り出すのも今年で11年連続。そんな両者による頂上対決が、今年のクラブテニスの最終日11:01、トスで勝った部長のサービスにより始まった。

【第1セット】
1)いきなり3連続ダブルフォルトで0-40。風の影響か、それとも心身の硬さか。シマちゃんが労せずブレイク。部0ー1シ
2)一方のシマちゃんは落ち着いてサービスを入れラブゲームキープ。部0ー2シ
3)道路側に立つ部長の球は向かい風に押されてネットしまくり。部0ー3
4)シマちゃんのトップスピンが追い風でバウンド後さらに伸びる。部0ー4シ
5)部長のファーストサービスが1本しか入らず、ストロークは追い風で頻繁にオーバーアウト。部0ー5シ
6)シマちゃんがダブルフォルト2本でサービスダウン。部1ー5シ
7)部長が40-15から球が浅くなりまくりで4連続失点。部1ー6シ
部|     X |1
シ|XOXOX X|6 11:33

【第2セット】
1)徐々に風が止んできたら部長の球がシマちゃんのバック側を突けるようになって来た。シ0ー1部
2)部長がスライスでじっくりシマちゃんを前後左右に振ってキープ。シ0ー2部
3)シマちゃんが30-40からデュースに戻した後、強力フォアスピンを部長のバックに集めてキープ。シ1ー2部
4)風が弱まると部長の緩いバックスライスがシマちゃんをコーナーへ追いつめてキープ。シ1ー3部
5)部長がバックスライスを自在に操りブレイク。シ1ー4部
6)また風が吹いて来た。すると部長の緩いショットは簡単に流されたり押されたり。ミス続きでサービスダウン。シ2ー4部
7)向かい風に浅くなる部長の球をシマちゃんが見逃さず仕留めてキープ。シ3ー4部
8)シマちゃんは風下からでも常に攻撃的。スマッシュエースでブレイク。シ4ー4部
9)部長は風が吹く中コースを狙い過ぎてサイドアウト頻発。シマちゃんがキープしてついに逆転。シ5ー4部
10)部長が向かい風を利用して浅い球を多用し、落としたら終わりでプレッシャーのかかるサービスゲームをなんとかキープ。シ5ー5部
11)シマちゃんのバックハンドが追い風に乗ってオーバーアウトしサービスダウン。シ5ー6部
12)シマちゃんの風下からの打ち込みがオーバーアウトやサイドアウトになり部長がキープ。シ5ー7部
シ|  O  XOXO   |5
部|XO OX    OXO|7 12:30

【第3セット】
1)ミスの多い部長に対してシマちゃんが確実にファーストサービスを入れて安定したストロークを見せキープ。シ1ー0
2)シマちゃんは追い風にボールを乗せるのが上手く、それに押された部長はサービスダウン。シ2ー0部
3)風下から粘り強くシマちゃんのバックを攻めてラブゲームでブレイクバック。シ2ー1部
4)風上に立った部長のストロークはオーバーアウトばかりでサービスダウン。シ3ー1部
5)シマちゃんは風下からでも重いトップスピンを打ってキープ。シ4ー1部
6)部長の球は向かい風に負けて失速。浅くなった球をシマちゃんがフォアで攻め切ってブレイク。シ5ー1部
7)シマちゃんが風上からフォアでどんどん攻め、最後は40-15から部長のバックがサイドアウト。シ6ー1部
シ|OX XOXO|6
部|  X    |1 13:10
総試合時間:2時間9分

 部長がシマちゃんと戦う時の生命線は「シマちゃんのバック側サイドラインから2メートルの幅にボールを集められるかどうか」である。しかし、この日の風と部長の技術ではサイドラインを割ったりコート中央へしか打てなかったり。あれだけシマちゃんにフォアを打たれてはどうしようもなかった。もう1つの敗因はサービス。目に余るダブルフォルトの山で、第1セットと第3セットはただの1度もサービスキープができず。一方、シマちゃんはサービスで無理する必要もなく、あのフォアのヘビートップスピンを相手コート中央へ打っておくだけで部長を苦しめることができた。また、チャンスボールに対してきっちりスピンをかけてコーナーを突く技術も部長より勝っていた。シマちゃんは2年ぶり、そして史上最多記録更新中である7回目の優勝にふさわしいテニスを見せてくれたと思う。おめでとう、チャンピオン。

というわけで、今年の最終日にチャンピオンシップの最終戦ができてよかったです。

クラブメンバーのみなさん、ご協力ありがとうございました。

このチャンピオンシップがあるからこそ真剣に練習しているというメンバーは結構多いですよね。

長老ズの活躍もありましたし、若手の躍進もありましたし、次回大会も大いに盛り上がることでしょう。

それでは2016年大会まで、みなさん、ごきげんよう!

PCA_singles151227.png
posted by 広報部長 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2015

2015年12月15日

チャンピオンシップ準決勝・第2試合

12月12日(土)、準決勝の残り1試合が行われました。

○準決勝・第2試合「河野(夫)vs 柿沼」
 PCAテニスクラブには「虎の穴」が存在する。その名も「柿沼道場」。それは知る人ぞ知るクラブ内の「テニスプレイヤー養成所」、またの名を「PCAの駆け込み寺」。チャンピオンシップでは2002年優勝、2005年準優勝という実績を誇るかっきーが師範を務めるその道場の歴史は前世紀まで遡り、過去16年間で校長レッスンによりラビリンスに入り込んでしまった迷える子羊達を救った数は枚挙にいとまがない。そんな柿沼道場の門下生筆頭が、何を隠そう広報部長なのである。チャンピオンシップでの対戦は意外にも2度のみ。2009年準々決勝では6ー0、6ー4、2013年準決勝では6ー1、6ー2で、いずれも弟子が師匠に恩を返している。今回が3度目の顔合わせ。二度ある事は三度あるのか? それとも仏の顔も三度までなのか? 11:10、トスに勝ったかっきーがリターンを選択し、師弟対決は始まった。なお、ゲームカウントの推移は舞蝶夫人が記録してくれたものを使用している。内容については部長本人がプレーしながらおぼろげに記憶にとどめていたものを記述している旨、ご容赦願いたい。

【第1セット】
1)部長のサービスで開始。部長自身が意外に思うほどの平常心でキープ。部1ー0柿
2)かっきーはまだ少し動きが硬いか。サービスダウン。部2ー0柿
3)部長がサービストスの時に太陽が目に入るエンドからも落ち着いてストローク戦に持ち込みキープ。部3ー0柿
4)かっきーもいよいよエンジンが暖まってきたようで、しっかりキープ。部3ー1柿
5)かっきーの鋭いスライスが徐々にものをいう展開になってきてブレイクバックに成功。部3ー2柿
6)部長はかっきーのバックハンドスライスを嫌ってフォアの打ち合いに持ち込み2度目のブレイク。部4ー2柿
7)サービス時に太陽が目に入る影響は意外に大きく、残像のために部長のストロークが不安定になってミスが頻発、サービスダウン。部4ー3柿
8)かっきーも太陽の影響があるのかストロークが不安定で0-40と窮地に。しかしそこから鋭いショットを連発して部長がさしたるミスも犯していないのになんとかっきーが5連続ポイントで大きな大きなサービスキープ。追いついた。部4ー4柿
9)スコアもコートエンドも振り出しに戻った所で上手く気持ちを入れ替えることができた部長が落ち着いてキープ。部5ー4柿
10)セット終盤のサービスゲームにかかるプレッシャーは序盤の非ではない。かっきーがフォアの打ち合いで先にミスをすることが多く、ここで痛恨のサービスダウン。部長が第1セットを獲得した。部6ー4柿
11:10開始
部|OXO  X  OX|6
柿|   OX XO  |4 11:52
(Oは自分のサービスをキープ、Xは相手のサービスをブレイク)

【第1セット】
1)11:55、エンドはそのままで部長のサービスゲームから。太陽は依然として燦々と輝いていたが、サービスに多くを求めずその後のラリーに集中してサービスキープ。部1ー0柿
2)かっきーも第2セットはショットの質を上げてきた。高速スライスで押し込んだ後のドロップショットが冴え渡り、しっかりキープ。部1ー1柿
3)部長が城山通り側のエンドからのびのびとサービスエースを決めてキープ。部2ー1柿
4)部長がかっきーのパワフルショットをなんとか受け止めた。渾身のロブエースも飛び出し、このセットも先にブレイクに成功。部3ー1柿
5)このゲームから部長のサービスが入らなくなってきた。15-0からダブルフォルトで15-15。ここまではまだ許せる。しかし40-15から2連続ダブルフォルトでデュースにしたのはいただけない。この後数度のデュースを経てかっきーのボレーエースなどでブレイクされてしまう。部3ー2柿
6)かっきーもサービスゲームになると先に攻めたい気持ちが出過ぎるのかリターンゲームでは出ないようなミスを幾つか犯してしまいサービスダウン。部4ー2柿
7)眩しくない方のエンドからサービスが打てるので今度こそキープを!と意気込む部長であったが、ストロークで押されるとついついかっきーのバック側へボールを返してしまい、そこでかっきー十八番のバックハンドをドカンと打たれ、ラブゲームでブレイクされてしまった。部4ー3柿
8)ここでキープされると追いつかれるという流れだったが、部長が粘り強くフォアクロスの打ち合いに持ち込んでラリー戦で隙を見せなかった。これで両者合わせて5ゲーム連続のブレイクゲーム。部5ー3柿
9)部長のServing for the match。しかしかっきーが回り込んでまで打って来たバックハンドスライスに苦しめられて0-30と劣勢に。ただ、そこから部長も歯を食いしばって捻り合いのロングラリーに持ち込み40-30と逆転。しかし、かっきーがネット際に落としたドロップを拾えずデュース#1。ファーストサービスがワイドに入ってAd.S。かっきーのボレーが炸裂してデュース#2。またもやファーストサービスが入ってくれてAd.S。この3度目のマッチポイントでは、ネットに着いたかっきーとボレー対ストロークに。何球かのやり取りの後、かっきーの頭上に部長のロブがふわりと舞った。かっきーのジャンピングハイボレーはボールにフレームがかすかに触れたものの大きくサイドアウト。12:36、試合終了。所要時間は1時間26分であった。
11:55
部|O OX X XO|6
柿| O  X X  |3  12:36
(Oは自分のサービスをキープ、Xは相手のサービスをブレイク)

 試合後の感想戦では、かっきーは終始自身が戦前に立てたプラン通りのテニスができていたという。確かにそのせいで部長はずっと苦しいと思いながらプレーをさせられていた。過去3度の対戦で今回が最も競ったスコアになったのも頷ける。それはかっきーのフォアハンドが以前より強化されていたからに他ならないと部長は考えているが、であれば、勝負の分かれ目は一体何であったのか。それをこれから1年かけて探す旅こそが、このチャンピオンシップの醍醐味でもある。さて、予想していた通りの厳しい戦いをなんとかサバイブできた部長。いよいよシマちゃんの待つファイナルステージへと戻って来た。両者による決勝戦はこれで3年連続。2人のこの1年間のクラブテニスは、全てこの舞台で相見えるためにあったと言っても過言ではない。部長の連覇なるか、シマちゃんの王座奪回なるか。頂上決戦、お見逃しなく。

というわけで、チャンピオンシップ2015もついに決勝戦を残すのみとなりました。

今年も第1シードと第2シードによる大一番です。

 決勝「河野(夫)vs 嶋本」

ただ、残念ながら今年は忘年会までに終了する事はできなくなりました。

19日(土)はシマちゃんが11:00に上がらなければならないらしく。

また、20日(日)は僕もシマちゃんも忘年会に出た翌日なので、絶対に無理でしょうね(笑)

しかも僕はその日は12:00上がりなんです。

そして23日(水・祝)は、シマちゃんがスキーで欠席のため、これも不可能。

というわけで、決勝戦は26日(土)か27日(日)ということになります。

もしその辺りが雨続きだと、2年ぶりの「越年」ですね。

どうか降りませんように(祈)

次回は土曜のクラブテニスについてレポートします。

ではまた。

PCA_singles151212.png
posted by 広報部長 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2015

2015年12月02日

チャンピオンシップ準決勝第1試合

11月29日(日)、チャンピオンシップが1試合行われました。

○準決勝・第1試合「石田 vs 嶋本」
 両者の対戦成績は2002年大会で会長が勝った後、シマちゃんが3連勝。今回の5試合目を含めて全て準決勝での顔合わせとなっている。会長が13年ぶりに決勝の舞台へ上がるのか、はたまたシマちゃんが8年連続12回目のファイナル進出を成し遂げるのか。11:10、シマちゃんのサービスで試合が始まった。
【第1セット】
1)会長のフォアがオーバーアウトで15-0。シマちゃんの高速サービスが会長のフォア側を襲ってウィナー!30-0。会長のバックドライブボレーが当たり損ねてネット、40-0。会長、やや飛ばし過ぎか? シマちゃんのDFで40-15。シマちゃんのフォアがオーバーアウトで40-30。シマちゃんが回り込んでフォアDTLを打つも短くなり、意表を突かれた会長がバックの処理を誤ってネットでゲーム。シ1ー0会 11:13
2)会長のバックがオーバーアウトで0-15。シマちゃんがフォアで会長のバックを攻め立てて最後はネットぎりぎりからフォアボレーエース!0-30。会長はトスを上げた時に太陽が目に入って眩しそう。会長がシマちゃんの短くなったリターンに懸命に手を伸ばして深く返したが、シマちゃんが完璧なフォアトップスピンロブエース!0-40。シマちゃんのフォアがオーバーアウトで40-15。シマちゃんがフォア逆クロスへ強烈なリターンエース! シ2ー0会 11:18
3)会長のフォアがネットで15-0。会長のリターンがシマちゃんの猛烈なサービスに弾かれサイドアウトで30-0。シマちゃんがフォア側ワイドへサービスエース!40-0。シマちゃんのサービスがアベくんとの対戦時から冴え渡っている・・・と思っていたらDFで40-15。ただ、セカンドサービスですら攻めていると言う事もできる。会長のフォアリターンがネットでシマちゃんがキープ。シ3ー0会 11:20
4)会長のフォアDTLがサイドラインすれすれに入って振られたシマちゃんがフォアをネット、15-0。シマちゃんのパッシングがネットインで15-15。シマちゃんのバックリターンがDTLへサイドアウトで30-15。会長がDFで30-30。会長がバックスライスのアプローチショットをネットにかけて30-40。シマちゃんのバックハンドでのディフェンスが光る。シマちゃんのバックスライスがネットでデュース#1。会長がネットに着いてシマちゃんがフォアのトップスピンロブを狙うもオーバーアウトでAd.S。シマちゃんが甘いロブを上げたが会長が警戒してサービスライン付近まで下がってしまっており、中途半端なボレーを返してシマちゃんのフォアパッシングの餌食に。デュース#2。シマちゃんのフォアリターンがネットインでぽとりとエースに。Ad.R。ボディーへのファーストサービスをシマちゃんが回り込んでフォアリターンするもネットでデュース#3。センターへサービスエース!Ad.S。会長がシマちゃんのフォア側へワイドに素晴らしいファーストサービスを入れてシマちゃんのフォアリターンがDTLへサイドアウト。シ3ー1会 11:30 このゲームの所用時間は10分。
5)シマちゃんがフォアを大きく吹かしてオーバーアウト、0-15。会長のフォアリターンがDTLへぎりぎりに返りシマちゃんのバックスライスが届かずネット、0-30。会長のバックスライスがオーバーアウトで15-30。会長が深いバックスライスでつなぎ、突如短いボールを打ってシマちゃんを前へおびきよせてからフォアでパッシング。15-40。会長がフォアでガンガンにシマちゃんを振り回し、最後は会長の厳しいフォアクロスにシマちゃんのバックトップスピンがオーバーアウト。会長が素晴らしい攻めでブレイクバックに成功した。シ3ー2会 11:33
6)会長にとっては眩しい方のサービス。セカンドサーブを強く打ち過ぎてDF、0-15。会長が短い球をよく拾ってバックのショートクロス。それをシマちゃんが懸命に走ってフォアで返そうとするもネット、15-15。やはり会長のバックは良い。その会長が上手くバック側へアプローチショットを打ったがバックボレーが当たり損ねて返らず15-30。会長がDFで15-40。シマちゃんのフォアリターンのネットインがまたもやぽとりとエース。3回目のラッキーポイントにシマちゃんも申し訳なさそう。シ4ー2会 11:38
7)会長のフォアリターンの強打がオーバーアウトで15-0。シマちゃんが会長のバック側ワイドへサービスウィナー!30-0。シマちゃんのフォア強打がわずかにオーバーアウトで30-15・・・のはずが、お互いポイントが分からなくなって30-30に。シマちゃんのフォア逆クロスがわずかにサイドアウトで30-40。シマちゃんが追い込まれながらも懸命にバックスライスロブを上げると、会長が頭上を抜かれて背走。後ろ向きで放ったフォアがサイドアウトでデュース・・・のはずが40-30に。ここで両者とも無意識ながら本来の正解にたどり着いたのだが気が付いていない(笑) シマちゃんのドロップショットを会長がよくバックで拾ったがショートクロスをシマちゃんが読んでいてフォアでDTLへパッシングエース! いろいろあったが結果的にシマちゃんが正規のルートでサービスゲームをキープした。シ5ー2会 11:44
8)シマちゃんのフォアトップスピンロブがオーバーアウトで15-0。会長がアプローチをセンター深くへ入れるもシマちゃんが落ち着いてクロスへフォアでパッシングエース!15-15。会長のミドルレンジからのバックドライブ強打がわずかにオーバーアウトで15-30。シマちゃんのフォアがネットで30-30。先に会長がネットへ出たがロブで下げさせられて逆にシマちゃんがネットに着き逆襲。最後はフォアボレーを叩き付けてエース!30-40。前へ出た会長が今度は自分がフォアボレーを叩き付けるもボールの着地点は自分のコート内だった。シマちゃんがブレイクに成功してファーストセットを獲得した。シ6ー2会 11:49
ここまで試合所要時間は39分。

(Oは自分のサービスをキープ、Xは相手サービスをブレイク)
嶋|OXO  XOX|6
石|   OX   |2


【第2セット】
1)シマちゃんのサービス。会長のDTLへのバックアプローチがサイドアウトで15-0。シマちゃんがDFで15-15。シマちゃんが会長のバック側へセカンドサーブでウィナー!30-15。シマちゃんがまたもやサービスウィナー!40-15。シマちゃんがフォアで強烈なエース! シ1ー0会 11:53
2)シマちゃんのフォアリターンがオーバーアウトで15-0。シマちゃんのバックスライスがネットで30-0。会長がDFで30-15。シマちゃんの絶妙なロブがオンラインエース!30-30。シマちゃんがフォアでパッシングウィナー!30-40。会長が徹底的にシマちゃんのバックを攻め立てたがたった1球だけ出てしまった甘いボールをシマちゃんが回り込んでフォアの逆クロスエース! 会長はまたもや先にサービスダウンを喫してしまった。シ2ー0会 11:59
3)シマちゃんがサービスウィナー!15-0。シマちゃんの厳しいドロップを会長がフォアですくいあげたがオーバーアウトで30-0。シマちゃんがDFで30-15。セカンドサーブもぶっ放している。それほどサービスの調子が良いということか。しかしシマちゃんのセカンドサービスがまたもわずかにオーバーフォルト、DFで30-30。会長のバック攻めを可能な限りフォアで回り込んでトップスピンで返すシマちゃん。なんとかバックで打たせようと鋭く放った会長のバックスライスがオーバーアウトで40-30。シマちゃんのファーストサービスが会長のバック側を襲いウィナー! シ3ー0会 12:02
4)眩しい方のエンドから会長のサービス。DFで0-15。シマちゃんのフォアリターンが差し込まれてネット、15-15。シマちゃんが追い込まれながらもベースラインへきれいに乗る強烈なフォアパッシングエース! 崩されたあの体勢で! シビレタ! 15-30。お互いに苦しい体勢で打たされ、最後はシマちゃんが短い球をバックで拾いきれず30-30。シマちゃんのフォアリターンがネットで40-30。シマちゃんのフォアが当たり損ねてサイドアウトになり会長がキープ。シ3ー1会 12:10
5)シマちゃんがセカンドサーブをワイドにぶち込んでエース!15-0。シマちゃんが会長を前へおびき出し、会長がミドルレンジからフォアで叩くもネット、30-0。シマちゃんが今度はセンターへサービスウィナー!40-0。強烈なファーストサービスが会長のボディーを襲ってバックリターンがオーバーアウト。サービス好調なシマちゃんがサービスポイント3つでラブゲームキープ。シ4ー1会 12:13
6)シマちゃんのフォアリターンが当たり損ねるも厳しい逆ショートクロスになり、それに会長が素早く追いついてフォアで強打したがネット、0-15。シマちゃんが会長をリターンから振り回して最後はバックボレーをショートアングルへ落としエース!0-30。シマちゃんのバックトップスピンリターンがサービスラインとベースラインの中間地点で弾み、そのバウンドにスウィングを合わせ損なった会長がバックハンドで空振り、0-40。シマちゃんの高速フォアパッシングがわずかにオーバーアウトで15-40。会長がシマちゃんから甘いロブを上げさせてスマッシュエース!30-40。シマちゃんはリターンでも可能な限りフォアへ回り込んでいる。会長がシマちゃんのバック側へアプローチを入れて前へ出るも次のフォアドライブボレーがネットでサービスダウン。シ5ー1会 12:18
7)会長のバックDTLがサイドアウトで15-0。前へ出た会長がまたもやロブで抜かれて背走させられるもよくバックで回り込みながら返し、その球をシマちゃんがフォアでDTLへ打ち込んだがサイドアウトで15-15。シマちゃんがフォアの逆クロスへ強打を連発しウィナー!30-15。会長のバックリターンがネットで40-15。シマちゃんがDFで40-30。シマちゃんのバックループボールが深く入り会長がバックで返し損ねて試合終了。シ6ー1会 12:22。試合所要時間は1時間12分。

嶋|OXO OXO|6
石|   O   |1

会長は所々でシマちゃんのバック側を上手く攻めていたが、シマちゃんの堅牢なディフェンスを攻め崩すには到らなかったのが残念。ただ、終始先に攻めようとしていたその姿勢は立派。長く辛い婚活に終止符が打たれた今、まだ五十代に入って間もない体を再び鍛え直し、来年もまたもう1つ上にある頂を目指してもらいたい。さて、8年連続の決勝進出を決めたシマちゃん。強力な攻撃力を誇るサービスとフォア、そして盤石の守備力を誇るバックハンドは、「今年も相変わらず強いな」とギャラリーを唸らせるに充分なパフォーマンスであった。王座奪回まであと1勝と迫ったこの男に今のところ死角はなさそうである。

てなカンジで準決勝の第1試合が終わりました。

いや〜、強かったですよ、シマちゃんは。

ああいうのを見せられると、げんなりしちゃいますねぇ。

だって"あれ"から2セット穫らないといけないってんですから、どんだけ大変なんだ・・・と。

そんなシマちゃんと決勝で戦う事になる選手は、12月5日(土)に決まる予定です。

準決勝と決勝はどちらも3セットマッチなので、どちらか一方の選手だけが2日連続になるような日程では行いません。

よって、決勝はその次の週以降という事になります。

しかし、12月12日(土)と13日(日)はシマちゃんがスキーでいません。

よって、決勝戦は最速で12月19日(土)、つまり忘年会当日になるんですね〜。

それでは今度の土曜日、もう1つの準決勝を行います。

どうぞお楽しみに!

PCA_singles151129.png
posted by 広報部長 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2015

2015年11月25日

ベスト4が出揃いました!

11月21〜23日に、チャンピオンシップ3試合が行われました。

○3回戦・第4試合「小島(周) vs 丸山」
 クラブ最年少若武者ミズノくんの挑戦を見事退けた長老ズの重鎮しゅうじいの前に立ちはだかるのは、ヤング長老まるじい。その実力は折り紙付き。しゅうじいの攻撃力が勝るか、まるじいの守備力が勝るか。11月21日(土)11:08、しゅうじいのサービスで試合開始となった。
1)ラリーからまるじいが上手くしゅうじいをバック側へ走らせてしゅうじい返せず0-15。ラリーからまるじいがフォアをネット、15-15。まるじいのフォアリターンがオーバーアウト、30-15。まるじいのバックリターンがクロスへのオンラインでしゅうじいがそれを見逃し30-30。しゅうじいのバックスライスクロスが深く入りまるじいの回り込みフォアがたまらずサイドアウト、40-30。ラリーからまるじいがバック側へしゅうじいを振って見事にドロップエース、デュース#1。しゅうじいがバックのスライスをネットにかけてAd.R。まるじいがラリー中しゅうじいの意表を突いてドロップエース2本目! いきなりのサービスブレイク。周0ー1丸
2)しゅうじいがフォアリターンをダウンザライン(DTL)に入れて甘い球を引き出したが次のフォアの打ち込みをネットにかけて15-0。まるじいがバックをネットにかけて15-15。まるじいが短いボールをフォアで処理したがわずかにサイドアウトで15-30。まるじいセンターへサービスエース!30-30。まるじいがアプローチでしゅうじいをフォア側へ走らせて次をボレーエース!40-30。しゅうじいが短い球を処理して前へ出るがまるじいがフォアクロスでパッシングエース! 周0ー2丸
3)しゅうじいがミドルレンジからのフォアの打ち込みでウィナー!15-0。しゅうじいが3球目バックが当たり損ねてミス、15-15。ラリー中、しゅうじいが短い球を拾ってドロップを放つがサイドアウトで思わず自分でも高笑い、15-30。しゅうじいのフォアがボール1個分アウトで15-40。まるじいがクロスへのフォアリターンエースでブレイク! 周0ー3丸
4)まるじいがラリー中ベースラインからフォアのDTLエース!15-0。まるじいがフォアのクロスエース!30-0。しゅうじいのロブがわずかにアウト、40-0。まるじいがサービスをしゅうじいのバックへ入れて甘いリターンを引き出しミドルレンジからフォアクロスエース! まるじいが強い攻めを見せて完璧なラブゲームキープ。周0ー4丸
5)しゅうじいのバックがオーバーアウト、0-15。まるじいのリターンがオーバーアウト、15-15。まるじいがフォアクロスのリターンエース!15-30。まるじいがしゅうじいのファーストサービスも深く返している。まるじいがストロークでしゅうじいを振り回し甘い球を打ち込んでエース!15-40。まるじいのフォアリターンがオーバーアウトで30-40。しゅうじいがDFでサービスダウン。周0ー5丸
6)しゅうじいのフォアリターンがサイドアウトで15-0。まるじいのサーブが向かい風に押されて2バウンド、30-0。しゅうじいのバッククロスがサイドアウトで40-0。最後はまるじいがセンターへサービスエース! 周0ー6丸 終了時刻11:29。所要時間21分。

周|      |0
丸|XOXOXO|6
(Oは自分のサービスをキープ、Xは相手のサービスをブレイク)

 しゅうじいは第1ゲームから攻撃的なプレーを繰り出してまるじいに冷や汗をかかせたが、40-30からまるじいに2本のドロップエースでうっちゃられたのが大きかった。第2ゲーム以降はまるじいが守備だけでなく攻撃でも鋭さを見せたため押し切られてしまったが、しゅうじいが足を止めて打った時のフォアの威力は天下一品。来年こそは是非ベスト8進出を達成していただきたい。さて、シャットアウトで準々決勝へと駒を進めたまるじい。第2ゲーム以降はゲームを落としそうな場面が1度もなく、ほとんどミスなしの攻撃でパーフェクトだったのではなかろうか。次はいよいよ4強の一角、かっきーと激突する。好ゲームになることは間違いない。


○準々決勝・第3試合「丸山 vs 柿沼」
 前日ほぼ完璧な試合運びを見せたまるじい。この勢いに任せてノンストップで行こう!ということで、早くも翌日の11月22日(日)、かっきーと対戦する運びとなった。過去のチャンピオンシップでの対戦は1度だけ。2012年準々決勝でかっきーが6ー1、4ー2ret.により勝利を収めている。しかしかっきーにとってはこれが今大会の初戦であり、その辺りがどう響くか。11:07、トスに勝ったまるじいが道路と反対側のコートエンドを選び、かっきーのサービスで試合が始まった。
1)まるじいのフォアリターンがわずかにオーバーアウトで15-0。リプレイのようにまるじいのリターンがオーバーアウトで30-0。今度はかっきーのフォアがわずかにオーバーアウトで30-15。かっきーのフォアがサイドアウトで30-30。かっきーのフォアがオーバーアウトで30-40。長いラリーでよくまるじいがかっきーのスライスを返し続けたがフォアがサイドアウトになりデュース#1。かっきーは丁寧にラリーをしている印象。ラリー中、まるじいのフォアがネットでAd.S。ラリー中まるじいがかっきーを左右に振ってフォア側へドロップエース!デュース#2。かっきーのフォアがオーバーアウトでAd.R。まるじいもライナー性の浮かない球でよくラリーを続けている。まるじいのフォアがネットでデュース#3。まるじいのフォアリターンがサイドアウトでAd.S。かっきーがバックのフラットドライブでミドルレンジからクロスへ打ち込みエース!  このゲームだけで7分かけてかっきーがキープに成功した。柿1ー0丸 
2)かっきーのバックスライスがクロスへサイドアウトで15-0。かっきーのバックスライスがネットで30-0。まるじいはかっきーの高速フォアをよく凌いで返している。かっきーのバックドライブがDTLへサイドアウトで40-0。まるじいのファーストサービスがよく入っている。4ポイント目で初めてセカンドサーブになった。まるじいのフォアがクロスへサイドアウトで40-15。まるじいがサーブ&ボレーを試みるもかっきーのフォアリターンが鋭くボディーへ刺さりオーバーアウトで40-30。かっきーのバックスライスリターンがネットでまるじいもキープ。柿1ー1丸
3)まるじいのバックがオーバーアウトで15-0。まるじいのリターンがわずかにオーバーアウトで30-0。まるじいのフォアDTLが当たり損ね気味にエースになり30-15。まるじいのフォアリターンがオーバーアウトで40-15。長いラリーから、かっきーがフォアドライブでクロスへウィナーを決めてキープ。柿2ー1丸
4)かっきーのフォアがオーバーアウトで15-0。まるじいがDFで15-15。かっきーのフォアがサイドアウトで30-15。まるじいは落ち着いてラリーをしている。長いラリーからまるじいのフォアがオンコーナー! それをかっきーが見送って40-15。かっきーのえっぐいバックスライスドロップエース!40-30。かっきーのフォアDTLがサイドアウトでまるじいがキープ。柿2ー2丸
5)バックスライスの応酬からまるじいが意を決して前へ出るもかっきーのフォアがまるじいのフォア側を襲ってまるじいがボレーミス、15-0。かっきーがDFで15-15。さらにDFで15-30。まるじいが良いアプローチから前へ出て来てエース!15-40。かっきーのバックスライスドロップがネットにかかってまるじいがついにブレイク。柿2ー3丸
6)まるじいが短い球をよく拾って深く返し、かっきーの押されながらのバックトップスピンロブがアウトで15-0。まるじいのフォアループボールがオーバーアウトで15-15。かっきーのリターンがオーバーアウトで30-15。かっきーが短い球をよく拾ってそのままバックスライスでパッシングエース!30-30。まるじいがフォアでかっきーのスライスを持ち上げられずネットで30-40。かっきーが絶妙な高さのロブでまるじいの短いハイボレーを引き出しバックのスライスでパッシングエース! すぐさまブレイクバックした。柿3ー3丸
7)かっきーが長いラリーからフォアをオーバーアウトして0-15。まるじいの粘り強いラリーが見事。まるじいのフォアリターンがオーバーアウトで15-15。長いラリーでまるじいが前へ出るとかっきーのフォアバックドライブがクロスへサイドアウトして15-30。かっきーのフォア強打がネットで15-40。かっきーがやや甘いアプローチで前へ出たがまるじいのロブも甘くなりかっきーがフォアボレーエース!30-40。かっきーのフォアがオーバーアウトでまたもやサービスダウン。柿3ー4丸
8)かっきーが高い打点のフォアをネットにかけて15-0。まるじいがよくかっきーをフォア側へ振りオーバーアウトを引き出して30-0。まるじいのバックがクロスへサイドアウトで30-15。まるじいがDFで30-30。まるじい会心のフォアクロスエース!40-30。まるじいが前へ出て5ー3リードとするチャンスだったがフォアボレーが逆クロスへ痛恨のサイドアウトでデュース#1。まるじいのフォアが鋭くなって来てかっきーのバック側へ深く入るようになり、かっきーはたまらず詰まらされてAd.S。長いラリーからかっきーが粘り強く返し、前へ出て来たまるじいのフォア側へ沈めてミスを誘い出した。デュース#2。まるじいが心にズシリと重くのしかかるDFでAd.R。まるじいが良いアプローチで前へ出るもかっきーが渾身のフォアロブで抜き、背走して返したまるじいのフォアがオーバーアウト。ゲーム所用時間8分。2度のゲームポイントを穫りきれなかったまるじいは珍しい2本のDFが痛かったか。柿4−4丸
9)まるじいのフォアがオーバーアウトで15-0。ラリー中、まるじいのバックが短くなってかっきーがそれを拾えず15-15。かっきーのフォアが深く入りまるじいが押されてフォアをオーバーアウト、30-15。まるじいがバックでスライスを持ち上げ過ぎてオーバーアウト、40-15。まるじいが左右へ大きくかっきーを振り回したが最後フォアのドライブボレーがネット。両者通じて5ゲームぶりのキープ。柿5ー4丸
10)かっきーのバックスライスリターンがわずかにオーバーアウトで15-0。かっきーが前へ出るがまるじいのフォアパッシングがクロスへオンラインエース!30-0。まるじいが長いラリーからボレーを正面へ浅く流し込んでエース! 40-0。まるじいのフォアがネットで40-15。かっきーのフォアリターンがオーバーアウトでまるじいもキープ。柿5ー5丸
11)かっきーのバックドライブクロスがオンラインでまるじいがそれを見逃し15-0。かっきーがDFで15-15。まるじいのフォアリターンがクロスへ深く入りかっきーのフォアがクロスへサイドアウトで15-30。まるじいのリターンがオーバーアウトで30-30。長いラリーからかっきーがバックスライスでクロスへ鋭くアプローチしそのままウィナー!40-30。かっきーがDFでデュース#1。かっきーのバックドライブDTLがネットでAd.R。まるじいが辛抱強くかっきーのスライスを返していたがフォアのDTLがサイドアウトになってデュース#2。まるじいのフォア逆クロスがサイドアウトでAd.S。かっきーのバックスライスDTLアプローチをまるじいが持ち上げられずネットにかけてかっきーが1つのブレイクポイントを凌いでの大きな大きなキープ。柿6ー5丸
12)かっきーのフォアリターンがショートクロスに決まりエース!0-15。かっきーが深い球の直後に放ったドロップをまるじいがよく追いついて拾ったがオーバーアウトで0-30。かっきーのオンラインボールをまるじいがバッククロスへサイドアウトで0-40。まるじいのナイスサーブをかっきーがリターン出来ず40-15。かっきーのボレーをまるじいがオーバーアウトでゲームセット。試合終了時刻は12:06。所要時間は59分。

柿|O O  X XO OX|7
丸| O OX X  O  |5

 まるじいの大健闘というべきか、勝てたかもしれない試合を落としたというべきか。それほどまるじいはかっきーを苦しめた。第8ゲームで5ー3と出来ていればかっきーは精神的に相当追いつめられたに違いない。逆に言えばかっきーがあそこをよく凌いで4ー4にしたとも言える。まるじいはこの試合、負けはしたものの改めてその実力の高さをまざまざと観衆に見せつけた。4強の一角を崩す候補者の最右翼として、来年もまた暴れてもらいたい。さて、大接戦を物にしたかっきーは次の準決勝で第1シード広報部長と対戦する。過去のチャンピオンシップでの対戦成績は、2009年QFで6ー0、6ー4、2013年SFで6ー1、6ー2と部長が2連勝しているが、今年のかっきーはクラブトップクラスのバックハンドに加えてついにフォアハンドを強化して来ており、去年までとはひと味もふた味も違う。注目の一戦である。


○準々決勝・第4試合「嶋本 vs 阿部」
 3回戦ではみっちーの先制攻撃によく耐えて準々決勝へ勝ち進んで来たアベくん。シングルス愛好会のメンバーとして普段から熱心にシングルスの腕を磨いているこの若武者が、昨年までは絶対王者の名を欲しいままにしていたシマちゃんという分厚い壁に挑む事になった。そのシマちゃんはこれが今年の初戦。昨年の決勝で史上初となるはずだった3連覇を阻止され、今年は王座奪回に向けて目の色が違う。11月23日(月・祝)11:10、アベくんのサービスにより戦いのゴングは鳴った。
1)アベくんのフォア逆クロスがサイドアウトで0-15。シマちゃんのフォアリターンがオーバーアウトで15-15。シマちゃんのフォア逆クロスがわずかにサイドアウトで30-15。アベくんがDFで30-30。シマちゃんがセカンドサーブに対して前へ立ってプレッシャーをかけている。シマちゃんのフォアリターンがオーバーアウトで40-30。アベくんのバックがネットでデュース#1。アベくんが長いラリーをよくつないだがミドルレンジからのフォア打ち込みをバック側へサイドアウトしてAd.R。シマちゃんがフォアで1発叩くとアベくんが押されてたまらずフォアがオーバーアウト。ア0ー1嶋
2)アベくんのバックがオーバーアウトで15-0。アベくんのバックがネットにかかり30-0。強力なファーストサービスが深く入ってアベくんがフォアでリターンできず40-0。厳しいセカンドサービスがバック側へ炸裂! シマちゃんがコートチェンジの時間も入れて2分でラブゲームキープ。ア0ー2嶋
3)アベくんがスライスサービスをバック側へ入れてシマちゃんがリターンネット、15-0。アベくんのフォアがオーバーアウトで15-15。シマちゃんがバックのドライブをネットにかけて30-15。アベくんが丁寧にシマちゃんのバック側を攻めてネットミスを引き出し40-15。シマちゃんの鋭いバックアプローチをアベくんがバックでネット、40-30。シマちゃんのバックショートクロスエース!デュース#1。長いラリーからアベくんがバックを持ち上げられずAd.R。アベくんがシマちゃんのドロップショットをバックでショートクロスへ切り返してエース!デュース#2。アベくんのフォア逆クロスが惜しくもオーバーアウトでAd.R。シマちゃんのバッククロスがサイドアウトでデュース#3。長いラリーにシマちゃんがフォアを吹かしてAd.S。アベくんがセンターへナイスサーブ! ゲーム時間8分でアベくんがキープした。ア1ー2嶋
4)アベくんのフォアリターンがネットに届かず15-0。シマちゃんが甘いリターンを引き出してフォアDTLエース!30-0。シマちゃんがサーブ&ボレーを試みるもファーストバックボレーがネットで30-15。シマちゃんのバックスライスがネットインで40-15。アベくんが2本目のボレーでエース!40-30。アベくんのバックがサイドアウトでシマちゃんがキープ。阿1ー3嶋
5)アベくんのDFで0-15。アベくんがスマッシュエース!15-15。シマちゃんのバックリターンがネットで30-15。アベくんのフォアDTLがネットで30-30。アベくんがボレーを打ち込み続け3本目でエース!40-30。シマちゃんの厳しいフォアクロスアプローチをアベくんが走りながら会心のクロスへのパッシングエース! アベくんがキープ。阿2ー3嶋
6)アベくんがグラウンドスマッシュを地面と並行にまっすぐぶっ放した! 当然オーバーアウト(笑)で15-0。アベくんのフォアがわずかにオーバーアウトで30-0。シマちゃんのDFで30-15。アベくんのバックがシマちゃんのフォアクロスに押されてオーバーアウトで40-15。シマちゃんがフォア側ワイドへサービスエース! キープに成功。阿2ー4嶋
7)シマちゃんのバックスライスが全く浮かない。アベくんはバックでそのスライスボールを持ち上げきれずネットで0-15。シマちゃんが短い球をバックで処理したがオーバーアウトで15-15。アベくんの良いドロップをシマちゃんが絶妙のドロップ返しエース!15-30。上手く攻めていたアベくんがラリー中デッドゾーンに立ってしまい、足下に来たボールの処理を誤って15-40。シマちゃんのバッククロスをアベくんがフォアで懸命に返そうとするもストレート方向へオーバーアウト。阿2ー5嶋
8)シマちゃんのServing for the match。アベくんをバック側へ振っておいての絶妙なるドロップエース!15-0。アベくんが高い打点での回り込みフォアDTLを無理に大振りしネットにかけて30-0。シマちゃんのセンターへのセカンドサーブが速い!アベくんのバックリターンがネットにかかって40-0。最後はアベくんのバック側へ高速スライスサーブが炸裂! アベくんのバックでのリターンがラケットを弾かれた。ラブゲームで終了。試合終了時刻は11:40。所要時間は30分。

阿|  O O   |2
嶋|XO O OXO|6

 前半はアベくんがシマちゃんのバック側へ上手くボールを集めて良いラリー戦を展開していた。中盤は積極的に前へ詰めてネットプレーでポイントを挙げる場面も目立った。ただ、この日はシマちゃんのサービスが強力で、アベくんは4度のリターンゲームで3ポイント(うち1つはシマちゃんのDF)しか穫れなかったのが厳しい結果を招く事になった。一方、自身のサービスゲームはキープ率が5割。今後の練習でクラブ最長身を活かしたビッグサーブを手に入れられれば、また違った展開が見えて来るような気がする。さらなる精進を期待する。さて、チャンピオンシップの舞台にバックハンドを強化して戻って来たシマちゃん。次の相手はこれまたバックハンドの名手であるイシダ会長と対戦する。両者の対戦成績は、2002年SFに6ー2、6ー1で会長が勝ち、それ以降は、2009年SFが6ー1、6ー1、2011年SFが6ー3、6ー1、2013年SFが6ー1、6ー2でシマちゃんが3連勝している。今年もまたSFでの5度目のマッチアップ。ついに新妻を手に入れた会長が新婚パワーで連敗の流れを食い止めるのか、シマちゃんが8年連続で決勝の舞台へ上がるのか。Don't miss it!

というわけで、この3連休をもってついにベスト4が出揃いました!

去年の4強と全く同じ顔ぶれです。

うん、もう言っちゃいましょう。

PCAのBIG4によるクライマックスステージ!

準決勝から先は3セットマッチになりますので、1日1試合が限度という贅沢なショーになります!

一応、早速今週末に「部長 vs かっきー」をやる予定にはしていますが、「会長 vs シマちゃん」がやれるようであれば、そちらを優先しようかと思っているところです。

「出席率」的にはその方がいいでしょうから。

今年のチャンピオンシップも残るところあと3試合。

どれも見応えのある熱戦になると思われますので、ご覧になる方は、どうぞじっくりご堪能ください。

次回は日曜のクラブテニスについて。

ではまた。

PCA_singles151123.png
posted by 広報部長 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2015

2015年11月09日

チャンピオンシップ準々決勝・第2試合

11月7日(土)にチャンピオンシップ準々決勝1試合が行われました。

○準々決勝・第2試合「河野(夫)vs 北川(夫)」
 今年も準々決勝まで駒を進めて来たキタガワ夫。間違いなく現在我がクラブで最もシングルスの経験値を積み上げている男である。その成長速度は目を見張る物がある。そんな昇り竜が挑むのはディフェンディングチャンピオン広報部長。本来この日に対戦するなどお互い考えてもいなかったが、たまたまコート割りが4ー4ー2となり、特段「やらない理由」も見つからず、「ではやりますか」となった次第。部長は中学校の授業参観から戻ったばかりであったため、5分ほど練習させてもらい、11:15ごろからの試合開始となった。
1)トスに勝ったキタガワ夫がレシーブを選択したため、部長のサービスでスタート。なるべく落ち着いてファーストサービスを入れる事に専念した部長がキープ。部1ー0北
2)キタガワ夫はまだ硬いか。フォアのミスが目立ちサービスダウン。部2ー0北
3)キタガワ夫は精神的にほぐれて来たようで、ショットが力強くなって来た。一方の部長はダブルフォルトもあって何度かのデュースを経た後サービスダウン。部2ー1北
4)キタガワ夫はバックハンドが安定しており部長の方に先にミスが出始めた。キタガワ夫が部長のバックサイドを上手く攻めてキープ。部2ー2北
5)ゲームカウントがイーブンになった所で部長も攻めるべき所は攻め始めた。キタガワ夫も鋭いフォアクロスで部長をコート外へ追い出し前へ出たが、部長が懸命に上げたフォアのロブがキタガワ夫のバック側高い所を抜けてウィナーに。40-30でミドルレンジからフォアを叩き込んだ部長がキープ。部3ー2北
6)自分のサービスゲームになると攻めっ気が出過ぎるのかキタガワ夫にフォア強打のミスがチラホラ出てサービスダウン。部4ー2北
7)ここをキープして5ー2にすれば大きい!と意気込んだ部長だが、そのプレッシャーからか40-30で1度、そして2度目のデュース後に1度のダブルフォルトを犯し、Ad.Rからキタガワ夫の攻撃に押されてサービスダウン、がっくり。部4ー3北
8)いやいや、ここは3ー3からナイスキープしたという事にしよう!と脳内メモリーを上書き保存した部長がこのリターンゲームでは粘り強くキタガワ夫の攻撃に耐え、奇跡的なバックのランニングロブエースも出てキタガワ夫のサービスをブレイク。部5ー3北
9)部長にとってServing for the matchとなったこのゲーム、3巡目に入ったということでもう一度初心に戻りファーストサービスを落ち着いてコースへ入れる事に集中した。キタガワ夫のフォアがネットにかかって15-0。キタガワ夫のフォア強打がオーバーアウトで30-0。サービスポイントで40-0。部長にフォア逆クロスのサイドアウトが出たが、40-15からキタガワ夫のフォアハンドがネットにかかって試合終了。部6ー3北
試合終了時刻11:45。所要時間はおよそ30分。

部|OX  OX XO|6
北|  XO  X  |3
(Oは自分のサービスをキープ。Xは相手のサービスをブレイク。)

 キタガワ夫は以前は不安定だったバックハンドがここ最近急速に安定して来ており、この試合中もほとんどミスを犯さなかった事で部長を大いに苦しませた。ただ、フォアハンドはウィナー級の強打を打てる半面、ミスをやや多めに出してしまった事が、どうやってポイントを穫ろうか悩んでいた部長を楽にさせた。持っているショットのクオリティーはどれも高い。コートカバーリングも充分。あとはメンタル面がほんの一皮むけるだけでベスト4の常連になれる可能性を秘めている。来年はさらに心身を鍛え上げて戻って来てくれるだろう。さて、厳しい初戦を耐えて耐えてなんとか物にした部長。この試合のほとんどの時間をディフェンシブに戦わざるを得なかった。準決勝の相手が決まるまでにしばらく時間がかかりそうだが、その間に攻撃的な姿勢を取り戻せるかどうかが連覇への鍵となる。

そんなワケで、11月中旬以降にやるつもりだった僕とキタガワ夫の試合でしたが、「やっちゃう?」「やりますか」みたいな軽いノリでホントにやっちゃいました♪

なので試合の序盤はお互いに身も心も戦闘態勢が整っておらず、あたふたしながらボールを打ってたような気がします。

よって試合内容も、どんなエースやウィナーが出たかは鮮やかに覚えてるんですが、それがどのゲームのどのタイミングで出たかというような明確な記憶としては、この記事に書いた分程度しかありません。

やはり練習と本番は全然違いますね。

というわけで、ベスト4のうちの2人が決まりました。

残りの2人を決めるにはドロー表の下半分にある3試合が行われる必要がありますが、なんと今週末は土日とも雨マークがついてるじゃあ、あ〜りませんか!

まあ、秋の空は変わりやすいですから、予報も外れてくれると嬉しいんですがね!

・3回戦「しゅうじい vs まるじい」
・準々決勝「シマちゃん vs アベくん」

かっきーの今大会の初戦は11月下旬になっちゃうかも(笑)

次回はこの土曜日のクラブテニスについて。

ではまた。

PCA_singles151107.png
posted by 広報部長 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2015

2015年11月05日

11月3日のチャンピオンシップ2試合

11月3日(火・祝)に2試合が行われました。

○3回戦・第3試合「北川(妻)vs 阿部」
 ミキティの出場辞退により3回戦へと駒を進めて来たみっちー。その右腕から放たれるミサイルのようなフォアハンドストロークはおそらくアラキングのバックハンドと並んでクラブ内最高のスピードと破壊力を誇る。そのような巨大戦車を迎え撃つのは、クラブ最長身186cmの長い手足を存分に活かしてコート狭しとボールを拾いまくる若武者アベくん。トスに勝ったアベくんがサービスを選択して11:12に戦いの火蓋は切って落とされた。
1)いきなりみっちーが挨拶代わりの強烈なフォアリターンをDTLにぶちかましてウィナー!0-15。先制パンチに面食らったアベくんがDFで0-30。みっちーのフォアリターンがサイドアウトで15-30。みっちーのフォアリターンがミスショットで30-30。みっちーがフォア逆クロスでエース!30-40。みっちーのフォアリターンがネットでデュース#1。みっちーがフォアをわずかに吹かしてオーバーアウト、Ad.S。アベくんはここまでなかなかファーストサービス入らず。みっちーのフォアリターンがネットインでデュース#2。アベくんがワイドへナイスファーストサービス! みっちーのフォアリターンが届かずエースでAd.S。みっちーのフォアリターンがサイドアウトでキープを許す。ア1ー0み Game Duration 4分
2)みっちーがフォアの短い球に届かず0-15。みっちーがDFで0-30。みっちーのナイスファーストサーブでアベくんのフォアリターンがオーバーアウト、15-30。みっちーがバックを打とうとしてつんのめりサイドアウト、15-40。みっちーが軟式バックハンド連発でロングラリーをよくしのいだ! 珍しく先にアベくんのフォアがネットミスとなって30-40。アベくんのフォア逆クロスが狙い過ぎのサイドアウトでデュース#1。みっちーのバックのフラットドライブがオーバーアウトでAd.R。やや短い球に対するみっちーのフォアがネットにかかりサービスダウン。ア2ー0み Game Duration 5分
3)みっちーのリターンがオーバーアウトで15-0。みっちーのバックリターンがオーバーアウトで30-0。アベくんのフォアクロスがサイドアウトで30-15。みっちーのフォアの強打がギリギリネットで40-15。アベくんがネット際へ見事なドロップを決めてキープ。ア3ー0み Game Duration 2分
4)みっちーがミドルレンジからフォアを吹かしてオーバーアウト、0-15。みっちーがファーストサービスで押してアベくんのフォアリターンがネット、15-15。アベくんの強めのフォアDTLリターンがみっちーのバックオーバーアウトを引き出し15-30。アベくんがストロークで押してグラウンドスマッシュエース! 15-40。アベくん、落ち着いて来たか。アベくんがリターンからフォアで押してみっちーがフォア強打をサイドアウト、ダウン。ア4ー0み Game Duration 4分
5)みっちーのフォアリターンがオーバーアウトで15-0。みっちーのフォア逆クロスリターンがサイドラインへオンラインでアベくんがバックで返せず15-15。みっちーのリターンがネットインで15-30。みっちーが果敢にフォアで回り込むもアベくんが落ち着いて空いているフォア側へ流し込んでエース、30-30。アベくんがワイドへサービスエース!40-30。みっちーのフォア逆クロスがオンラインでアベくんたまらずサイドアウト、デュース#1。みっちーのしぶといラリーにアベくんがしびれを切らしバックがオーバーアウトでAd.R。アベくんのナイスサーブでみっちーのリターンが押されデュース#2。みっちーが強打で攻めるもアベくんがぽわんとしか返せなかった球をみっちーがサイドアウトしてAd.S。みっちーのフォアの強打リターンがネットをかすめつつアベくん側のコートに突き刺さりアベくんがたまらずオーバーアウトでデュース#3。アベくんのDFでAd.R。みっちーのフォア強打がネットをかすめサイドアウト、デュース#4。セカンドサービスに対してみっちーが果敢にフォアリターンで強打するもネットでAd.S。みっちーはファーストサービスに対してもフォアリターンを強打、しかしネット。長い長いサービスゲームをアベくんがナイスキープ。ア5ー0み Game Duration 7分
6)みっちーがDFで0-15。みっちーのお株を奪うアベくんのフォアDTLリターンエースで0-30。アベくんがリターン強打から一転してドロップエース、0-40。アベくんがセカンドへのリターンをフォアで回り込んで強打するもネット、15-40。みっちーがフォア強打の打ち合いを制し30-40。アベくんがセカンドサービスに対して高い打点でフォアリターンを強打しエース! ア6ー0み Game Duration 4分
試合終了時刻11:38。試合時間26分。

ア|OXOXOX|6
み|      |0
(Oは自分のサービスをキープ。Xは相手のサービスをブレイク。)

 みっちーは終始持ち味である「攻撃的姿勢」を貫いた。それはもちろんミスとの背中合わせでもある。しかし相手のコートに入ったショットは確実に相手を苦しめていた。時にはボディーブローのように、そして時には一発KO級の破壊力をもって。もう一押しで穫れるゲームもあった。これはもう下手につなぎのショットを追い求めない方が良いのではなかろうか。あの鉈の切れ味をもっともっと研ぎすませる方向で今後ともお願いしたい・・・と、いちギャラリーとしては思わずにいられないような見事な戦いぶりを見せてくれた。来年もまた派手に暴れてくれることを期待する。さて、あの砲弾の嵐をかいくぐって見事ゴールまでたどり着いたアベくん。あまりの圧力に心を折られかけながらも耐え凌いだその精神力は立派。次は準々決勝、相手はみっちーとは全く毛色の異なる火力で、かつ、みっちーよりも遥かに長時間の連続砲撃が可能なハイパーウェポンを左腕に持つ男・シマちゃんである。神はその人間が乗り越えられない試練を与える事はないと聞く。それが真実なのか、それとも単なる気休めかなのか、是非ともアベくんに確かめてもらいたい。一同刮目されたし。


準々決勝・第1試合「長谷川 vs 石田」
 よしじいとの長老対決を制し2年ぶりに準々決勝まで上がって来たハセガワさん。今年はそろそろ4強の1角を崩したい。今大会のドローを見てそう思ったと言う。さて、この準々決勝からいよいよその4強が登場する。トップバッターは第3シード・イシダ会長。誰もが認める試合巧者。今年は念願の嫁取りにも成功し、ひょっとするとクラブメンバーの中で今最も心身共に充実している1人なのかも知れない。11:43、ハセガワさんのサービスで試合開始。
1)ハセガワさんのバックハンドがオーバーアウトで0-15。長いラリー中、ハセガワさんのフォアDTLがサイドアウトで0-30。会長は初戦とは思えない落ち着いた指し回し。会長のリターンがサイドアウトで15-30。ハセガワさんのフォアクロスがサイドアウトで15-40。前へ出て来たハセガワさんに対して会長のバックスライスロブがサイドアウト、30-40。チャンスボールに対するハセガワさんのフォアクロスがわずかにサイドアウトでサービスダウン。ハ0ー1会 Game Duration 4分 11:47
2)会長がワイドサービスで追い出してフォアスライスをクロスへゆる〜く深くエース、15-0。ハセガワさんのフォアリターンがクロスへわずかにサイドアウトで30-0。ハセガワさんのフォアDTLリターンが速く深くウィナーになり30-15。会長のバックがサイドアウトで30-30。お互いに弾道の低いラリー。会長がハセガワさんの頭上をロブで抜いたが、それを戻って打ったロブが深く返り、下がりながら出した会長のラケットが背後の電柱にガリガリ! 30-40。会長がDFでサービスダウン。ハ1ー1会 Game Duration 4分 11:51
3)会長のフォアがオーバーアウトで15-0。ハセガワさんがバックへのワイドサービスで甘い球を引き出した後に得意のドロップエース!30-0。会長がフォアクロスエース!30-15。ハセガワさんのバックがサイドアウトで30-30。会長が追い込まれるもナイスロブを上げハセガワさんがスマッシュをネット、30-40。ハセガワさんが会長をよく追い込んだが最後のフォアボレーが惜しくもサイドアウトでサービスダウン。ハ1ー2会 Game Duration 3分 11:54
4)ハセガワさんのバックのリターンがネットで15-0。会長が追い込まれながらフォアのショートクロスでパッシングエース!難易度高し!30-0。会長のロブがオーバーアウトで30-15。短いボールへ手を伸ばした会長のバックスライスが大きくアウトで30-30。会長がDFで30-40。道路と反対側からのサービスは1つ前の試合から4人とも皆まぶしそう。晴天だとこの時期のこの時間帯は右利き泣かせの1番コート。ハセガワさんのフォアリターンがDTLに突き刺さりウィナー! ハ2ー2会 Game Duration 5分 11:59
5)ハセガワさんのフォア強打がネットをかすめつつ決まって15-0。会長のバックのリターンが短く決まって15-15。会長がフォアクロスへリターンを強打してエース!15-30。ハセガワさんが何でもないバックスライスを珍しくネットにかけて15-40。会長のバックスライスリターンがDTLへ短くかつ厳しく入りハセガワさんが拾えずにサービスダウン。ハ2ー3会 Game Duration 2分 12:01
6)ハセガワさんのフォアリターンDTL強打がサイドアウトで15-0。ハセガワさんのネットインをよく走って追ったが会長のフォアスライスがサイドアウトになり15-15。会長のミドルレンジからの叩き込みがオーバーアウトで15-30。ハセガワさんのフォアクロスリターンがコーナーからわずかにアウトで30-30。ハセガワさんのフォア強打リターンがオーバーアウトで40-30。なんとこれが両者通じて初のゲームポイント!! ハセガワさんのバックリターンがサイドアウトとなって会長がついにこの試合初のサービスキープを成し遂げた。ハ2ー4会 Game Duration 5分 12:06
7)会長が追い込まれながらもバックスライスを前へ出て来たハセガワさんの足下に沈めて0-15。会長のバックスライスリターンが低く滑る。ハセガワさんのバックのアプローチがネットにかかり0-30。ハセガワさんが前へ出ても会長が上手く足下に沈め、ハセガワさんからチャンスボールを引き出したら自らも前へ出てバックスライスをクロスへ流し込みパッシングエース、0-40。相変わらずバックスライスが巧みな会長。ハセガワさんが会長を追い込んでミドルレンジからドロップを試みるもぎりぎりネットでダウン。ハセガワさん、思わずラケットを前へぽろり。ハ2ー5会 Game Duration 3分 12:09
8)会長のServing for the match。コート奥から城山通り側へ向かっての風が強くなって来た。ハセガワさんが向かい風に立ち向かうようにリターンダッシュ! 会長のロブが追い風に乗ってオーバーアウト、0-15。会長のセカンドサービスも追い風に乗ってDFで0-30。ハセガワさんがリターンダッシュからボレーエース、0-40。ハセガワさんがリターンダッシュでプレッシャーをかけ会長のパッシングがたまらずネット。ラブゲームブレイク。ハ3ー5会 Game Duration 4分 12:13
9)会長のリターンが追い風に乗ってオーバーアウトで15-0。ハセガワさんがDFで15-15。会長が深いバックスライスで押し込んでハセガワさんが返球できず15-30。会長がフォアの強打を打ち込み続けてバック側へエース!15-40。ハセガワさんがサーブ&ネットで突撃したがバックボレーがネットで試合終了。ハ3ー6会 Game Duration 3分
試合終了時刻12:16。試合時間33分。

ハ| X X X   |3
石|X X X XOX|6
(Oは自分のサービスをキープ。Xは相手のサービスをブレイク。)

 ハセガワさんもまた攻めの姿勢を崩さず、常に会長を低く速い弾道のストロークで揺さぶり続けた。相手を振り回している時間はハセガワさんの方が圧倒的に長かったはず。ただ、会長にバックのスライスで凌がれまくって際どい所を狙わざるを得なくなったのは致し方ない所か。しかしその切れ味鋭いフォアハンドとネットボレーがクラブ屈指のレベルにあることは間違いない。まだ長老ズ1年生。来年以降もベスト4進出を狙い続けていただきたい。さて、両者通じてたった1度のゲームポイント、まさにワンチャンスを物にして、文字通り1キープ差での勝利を手元に引き寄せたイシダ会長。相変わらずその落ち着きっぷりには恐れ入る。準決勝一番乗り。今年は奇跡の結婚を成し遂げた勢いに乗って2002年大会以来13年ぶりの決勝進出と行きたい所であろうが、その行く手を阻むのは王座奪回に燃える手負いの虎・シマちゃんか、それともヤングガン・アベくんか。今から楽しみでならない。

こんなカンジで文化の日には実に見応えのある2試合が繰り広げられました。

クラブメンバーの1人1人が全身全霊をかけて自身の勝利のために邁進する姿は美しいとさえ思います。

コートサイドで見てて、ホント、チャンピオンシップって素晴らしいな〜と感じますね。

さて、今後の予定です。

11月8日(日)に3回戦最後の試合「しゅうじい vs まるじい」が行われます。

それが終わると次は準々決勝の残り3試合ですね。

ワタクシこと広報部長は7日(土)は春子の授業参観があり、8日(日)は観戦に専念するため、キタガワ夫との試合は14日(土)か15日(日)になるかな〜と。

もちろんキタガワ夫に都合を聞かないといけませんが。

あとの2試合も11月21日(土)か22日(日)までに終われば、かなり良いペースと言えるでしょう。

みなさん、ご協力のほど、よろしくお願い致します。

なお、明日は文化の日のクラブテニス&バーベキューについて。

お楽しみに。

PCA_singles151103.png
posted by 広報部長 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2015

2015年11月02日

チャンピオンシップ2回戦・第4試合

10月31日(土)に2回戦最後の試合が行われました。

○2回戦・第4試合「小島(周)vs 水野」
 もろじいとの重鎮決戦を制して2回戦へ進んで来たしゅうじいを迎え撃つのは、クラブ最年少31歳のミズノくん。35歳差という親子以上の世代的隔たりがあろうとも、コートに立ってしまえば互いに1人の人間と1人の人間。性差、年齢差に何のハンデも付けないのがこのチャンピオンシップの神髄なのである。11:08、ミズノくんのサービスで戦いのゴングが鳴った。

1)ミズノくんがいきなり前へ出てドロップ炸裂、15-0。ドロップの処理をしゅうじいがサイドアウトしてしまい30-0。ミズノくんがワイドへサービスエース、40-0。短いボールをしゅうじいがフォアで返球しようとするもネット。ラブゲームキープ。ミ1ー0し
2)ミズノくんのフォア逆クロスがサイドアウトで15-0。ミズノくんのリターンがしゅうじいのバック側へ深く入りしゅうじいがミス、15-15。ミズノくんのリターンがオーバーアウト、30-15。DFで30-30。ミズノくんのフォア逆クロスがサイドアウトで40-30。DFでデュース#1。リターンがオーバーアウトでAd.S。しゅうじいのバックがサイドアウトでデュース#2。ミズノくんのフォアがオーバーでAd.S。ミズノくんのドロップが決まりデュース#3。ミズノくんのリターンがオーバーアウトでAd.S。しゅうじいのバックがネットでデュース#4。しゅうじいのフォアがネットでAd.R。ミズノくんのリターンがオーバーアウトでデュース#5。ミズノくんのフォア逆クロスがしゅうじいのバックを襲いAd.R。ミズノくんのリターンが短くなったのをしゅうじいがフォアで返そうとしてサイドアウト、サービスダウン。ミ2ー0し
3)しゅうじいのフォアがサイドアウトで15-0。ミズノくんがドロップをネットにかけて15-15。ミズノくんのファーストサーブがバック側に入りリターンがフレームショット、30-15。ミズノくんのフォアがサイドアウトで30-30。ミズノくんのドロップに対してしゅうじいがバックハンドで強く返球したがオーバーアウトで40-30。しゅうじいがフォアリターンをダウンザラインにエース、デュース#1。ドロップに素早く反応してしゅうじいがフォアを打ち込んだがオーバーアウトでAd.S。ミズノくんが短いボールを拾って前へ出て来たがしゅうじいのフォアがミズノくんの正面を襲いデュース#2。しゅうじいがフォアでストロークを押し込んでミズノくんがネット、Ad.R。しゅうじいがドロップ返しを狙うもネットミスでデュース#3。しゅうじいのリターンがオーバーアウトでAd.S。DFでデュース#4。ここまでしゅうじいのバックハンドスライスが切れている。ミズノくんがフォアをネットにかけてAd.R。ラリー中しゅうじいが前へ出るとミズノくんのフォアがオーバーアウトでサービスダウン。ミ2ー1し
4)ラリー中にコートサイドでボール缶がベンチから落ちる音がしてしゅうじいが気を取られたのかミス、0-15。すみません by 部長。ミズノくんのフォアスライスがサイドアウトで15-15。しゅうじいのフォアがオーバーアウト、15-30。DFで15-40。ドロップを拾ってしゅうじいが前進するとミズノくんのバックロブがオーバーアウトで30-40。しゅうじいのフォアでのアプローチショットがサイドラインに乗ってミズノくんが返せずデュース#1。しゅうじいが伝家の宝刀フォアクロスでウィナー、Ad.S。ミズノくんのリターンがバック側深くに入りしゅうじいのバックスライスがネット、デュース#2。しゅうじいが前へ出てスマッシュウィナー!Ad.S。ミズノくんが前へ出てくるとしゅうじいがバックスライスでパッシングエース!キープ。ミ2ー2し
5)ミズノくんのドロップアプローチをしゅうじいがバックスライスでパッシングエース!0-15。DFで0-30。しゅうじいは常にベースラインより1メートルほど中にポジショニングしてドロップショットに備えている。しゅうじいのフォアがオーバーアウトで15-30。しゅうじいのフォアがまたもやオーバーアウトで30-30。ミズノくんのバックスライスがサイドアウトで30-40。しゅうじいがフォアリターンのダウンザラインエースでブレイク。逆転。ミ2ー3し
6)ミズノくんがしゅうじいのボレー攻撃をよく拾いまくった! しゅうじいのバックがオーバーアウトで0-15。DFで0-30。しゅうじいがネット際に陣取りミズノくんがベースライン付近を走り回るという見応えある攻防。しゅうじいがバックボレーをネットにかけて0-40。しゅうじいのバックロブがサイドアウトでラブゲームダウン。ミ3ー3し
7)しゅうじいのバックスライスが切れ切れ。ミズノくんがたまらずフォアをオーバーアウトして0-15。ミズノくんのフォアが惜しくもサイドアウトで0-30。ミズノくんがドロップをネットにかけて0-40。しゅうじいがデッドゾーンにいる分差し込まれてミスショット、15-40。ミズノくんがワイドへサービスエース、30-40。ミズノくんのバックスライスがネットにかかってサービスダウン。ミ3ー4し
8)しゅうじいのバックスライスがオーバーアウトで0-15。しゅうじいがボレーをさんざん拾われ、最後は焦ったかミドルレンジからの打ち込みがネットで0-30。ミズノくんのフォア逆クロスがオンラインエースで0-40。ファーストサービスに対するミズノくんのリターンがサイドアウトで15-40。しゅうじいが打ち込むかと見せかけてフォアでドロップ。これをミズノくんが冷静に拾ってしゅうじいがフォアをネット。サービスダウン。ミ4ー4し
9)ミズノくんのフォアがネットにかかり0-15。DFで0-30。ミズノくんがしゅうじいのボレーをよく拾うも最後はロブがサイドアウトで0-40。しゅうじいのフォアがオーバーアウトで15-40。ミズノくんのドロップエースで30-40。しゅうじいのフォア打ち込みがミズノくんのバック側深くにエースとなってブレイク。ミ4ー5し
10)ミズノくんが前にいるしゅうじいの足下にストロークを沈めてしゅうじいのボレーがネット、0-15。DFで0-30。ミズノくんがよく拾いまくり。しゅうじいが足下に来た球を処理できず0-40。ミズノくんのドロップアプローチがネットで15-40。ミズノくんのリターンが深くしゅうじいのフォアがネットでダウン。ミ5ー5し
11)しゅうじいのフォアがオーバーアウトで15-0。ミズノくんのバックがサイドアウトで15-15。ミドルレンジからしゅうじいのフォア打ち込みエース!15-30。前へ出て来たミズノくんのフォア側を抜くしゅうじいのフォアパッシングエース!15-40。しゅうじいが短い球をよくバックで拾いアクシデンタルドロップ。それに対しミズノくんが懸命に前へ出るも届かずサービスダウン。第5ゲームからここまで7ゲーム連続のブレイク合戦。ミ5ー6し
12)しゅうじいにとってはServing for the matchだが、ここまで自らのサービスゲームを5回中1回しかキープできていない。さて、ここではどうか。ミズノくんがオンラインのボールをよく返し、ふわりと返って来たボールをしゅうじいが迷ってミス、0-15。しゅうじいがスマッシュをネットで0-30。これはやはりタイブレークか・・・という空気が流れた。しゅうじいが良いフォアアプローチをミズノくんのバック側へ入れてミズノくんのロブがアウト、15-30。ミズノくんがフォアネットで30-30。しゅうじいのフォア打ち込みがネットをかすめつつエース!40-30。最後はミズノくんがしゅうじいのミドルからの打ち込みに押されてネットミス。ミ5ー7し。

試合終了時刻は11:58。所要時間は50分。

水|OX   X X X  |5
周|  XOX X X XO|7
(Oは自分のサービスをキープ、Xは相手のサービスをブレイク)

 ミズノくんはしゅうじいを終始前後に揺さぶる戦法をとった。これ自体は間違いではない。ここはリスクを承知でデッドゾーンに立ち対応して来たしゅうじいを讃えるべきなのかも知れない。では、ミズノくんはそれに対してどうすれば良かったのか。そしてどうすれば勝ちを拾えたのか。それを探すミズノくんの1年がこれから始まる。そうやって若人は成長して行くのである。この悔しさをバネに来年大きく飛躍してこの戦いの舞台に戻って来てもらいたい。一方、若者との激闘を制したしゅうじい。長いラリーになればミズノくんの若さが生きてくるため、とにかく相手のセカンドサービスは常にリターンエースを狙うという決意を持って臨んだらしい。確かにリターンでのエースやウィナーがたびたび見られた。しかしそれだけではなく、ドロップショットへの反応も見事だったと思う。往年のサービスやフォアハンドもまだまだ健在。次の3回戦ではヤング長老まるじいが手ぐすね引いて待っている。しゅうじいのフォアがまた火を噴くのか、注目の一戦である。

てなカンジで、しゅうじいは持てる知力体力を総動員しての会心の勝利でしたね!

この日の飲ミニケーションでは、さぞ美味い酒が飲めたんではないでしょうか。

お見事の一言です。

まるじいとの3回戦は8日(日)を予定しているそうで、今から楽しみですね〜。

これで2回戦が全て終わりました。

3日(火・祝)は、

1) 準々決勝「長谷川 vs 石田」
2) 準々決勝「河野(夫) vs 北川(夫)」
3) 3回戦「北川(妻)vs 阿部」

が、集まるメンツ的に対戦可能です。

各選手の11月のスケジュールを考慮しながら対戦カードを組みますが、優先順位は1>3>2でしょうね。

ではまた明日。

PCA_singles151031.png
posted by 広報部長 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2015

2015年10月27日

チャンピオンシップ2回戦・第2試合

○2回戦・第2試合「吉田 vs 長谷川」
 齢六十、めでたく還暦を迎え栄えある長老ズ入りを果たした実力者ハセガワさんが、先輩長老のよしじいと激突。11:31、ハセガワさんのサービスにて戦いの火蓋は切って落とされた。
1)ハセガワさんのフォアがネットにかかり0-15。2ポイント目はハセガワさんの代名詞である「3球目をフォアで強打」が炸裂して15-15。よしじいのバックのリターン強打がアウトとなり30-15。ファーストサービスがバックに入ってよしじいのリターンがネット、40-15。ラリーからよしじいの強めのバックが深く入りハセガワさんのバックが押されてネット、40-30。よしじいがリターンからハセガワさんのバックへ集めて浅い球を引き出しそれをフォアでエース、デュース。よしじいのリターンがネットインでAd.R。前へ出て来たハセガワさんにバッククロスでパッシングエース! ハセガワさんはまだ硬いか。ハ0ー1よ
2)よしじいがセンターへサービスエース!15-0。ラリーが乱戦になりハセガワさんのフォアがネットインで15-15。ハセガワさんのリターンがわずかにオーバーアウトで30-15。良いファーストが入ったが次のボレーをよしじいがノリノリになり過ぎて強振し空回りのフレームショットで30-30。よしじいがバックで上手く振り回してハセガワさんのオーバーアウトを引き出し40-30。ハセガワさんのフォアリターンがサイドアウト。速いファーストサービスを入れ続けたよしじいがキープに成功。ハ0ー2よ
3)よしじいがファーストサービスに対してフォアリターンを強打しハセガワさんが押されてオーバーアウト、0-15。DFで0-30。ハセガワさんがプレッシャーを感じているような様相。セカンドサービスに対してよしじいのフォアリターンがネット、15-30。ファーストサービスがバック側深くに入りリターンがネット、30-30。ハセガワさんのペースのあるストロークに対してよしじいが強気のラリーで応戦したが途中でデッドゾーンに立ってしまい足下を抜かれて40-30。よしじいのバックのリターンがオーバーアウトで、ハセガワさんがサービスキープ。ハ1ー2よ
4)よしじいの3球目のフォア強打がわずかにアウトで0-15。よしじいがバックでドロップエースを決め15-15。よしじいは次もバックでドロップを試みるもわずかにサイドアウトで15-30。ここまで良いファーストを入れ続けて来たよしじいがここで初めてDF、15-40。よしじいがもの凄いフォアクロスでエースを奪い30-40。よしじいのバックのロブが当たり損ねてネット。ハセガワさんが得意のネットプレーでプレッシャーをかけてブレイクバックした。ハ2ー2よ
5)よしじいのバックのリターン強打が大アウトで15-0。よしじいがフォアでリターンエース!15-15。よしじいのフォアの打ち込みがネットで30-15。よしじいは攻撃的な姿勢を崩さない。よしじいのバックのリターンがネットで40-15。よしじいのバックのリターンがサイドアウト。ハセガワさんは淡々とファーストサービスを入れてセオリー通りの試合運びを見せサービスキープで逆転。ハ3ー2よ
6)セカンドサーブに対するハセガワさんのフォアリターンがネットで15-0。よしじいが良いファーストサーブを入れたが3球目ミドルレンジからの打ち込みがスピンかけ過ぎでオーバーアウト、15-15。ファーストサーブで押してリターンがオーバーアウト、30-15。よしじいがセカンドでサーブ&ボレーを見せるもバックのファーストボレーがオーバーアウトで30-30。よしじいがネットプレーからグラウンドスマッシュでエース、40-30。よしじいが3球目をミドルから打ち込み、次をボレーで軽くいなしてエース。よしじいがかっこいいキープの仕方を見せた。ハ3ー3よ
7)ハセガワさんは落ち着いて粛々とファーストサービスを入れて15-0。よしじいがチャンスボールをボレーするもサイドアウトで30-0。DFで30-15。ハセガワさんのフォアの打ち込みがオーバーアウトで30-30。よしじいのリターンがネットにかかり40-30。よしじいが厳しいドロップショットをミドルレンジからクロスへ放ったがハセガワさんがよく拾ってバックでダウンザラインに切り返しパッシングエース! ハセガワさんも負けじとかっこいいウィナーでキープに成功した。ハ4ー3よ
8)よしじいがDFで0-15。次は良いファーストサーブが入ったが次のバックボレーがオーバーアウトで0-30。よしじいがループ気味の深い球で押してハセガワさんの後ろにのけぞりながらのフォアがネット、15-30。この試合初めて深いループボールの打ち合いになったがよしじいのバックがオーバーアウトで15-40。セカンドサーブへのハセガワさんのダウンザラインへのフォアリターンがよしじいのバックの深い所へ入りウィナー。両者にとって大きなブレイク。ハ5ー3よ
9)セカンドサーブに対するよしじいのフォアリターンの強打がオーバーアウトで15-0。ハセガワさんの3球目フォアクロスがきれいにエースになって30-0。よしじいのフォアリターンがわずかにサイドアウトで40-0。よしじいのバックリターンがネットで試合終了。終了時刻は11:55。所要時間は24分。
ハ|  OXO OXO|6
よ|XO   O   |3
(Oは自分のサービスをキープ、Xは相手のサービスをブレイク)

 よしじいはこの試合を徹頭徹尾アグレッシブに行くと決めて臨んだという。だらだらと長いラリーになったら百戦錬磨のハセガワさんの術中に必ず陥るだろう・・・と。その作戦は序盤見事にハマり、コートサイドの観客席にも「まさかこのまま・・・?」という空気が流れた。しかし攻撃にはミスが付き物。ゲームカウント3ー3からはハセガワさんがよしじいの強さを認めた上で慎重な指し回しを見せ始めると、よしじいがどうしても先にミスをしてしまったのは致し方ない所か。しかし攻撃的姿勢こそがよしじいの魅力。最後まであの攻撃が続くよう今後も猛練習に励み、また戦いの舞台に戻って来てくれるはずである。毎年確実にレベルアップしているよしじいの来年に期待したい。さて、2年ぶりに準々決勝へ駒を進めて来た実力者ハセガワさん。勝負は1セットマッチ、短期決戦である。2009年大会以来ベスト4常連のイシダ会長に対してどのような戦法を見せてくれるのか、今から楽しみでならない。

というわけで、非常に見応えのある試合を堪能させてもらいました。

ドローの上半分はベスト8の選手4人が出そろいましたね。

さて、下の半分ですが・・・

「しゅうじい vs ミズノくん」は今週末に行われるでしょう。

問題はミキティがいつクラブに現れるかですな(笑)

既に先週金曜には新婚旅行先のハワイから戻って来たようなので、今週末か来週末には・・・

まあ、とりあえず待ってみましょう。

明日は土曜のクラブテニスについてレポートします。

ではまた。

PCA_singles151024.png
posted by 広報部長 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2015

2015年10月14日

チャンピオンシップ2試合

10月12日(月・祝)にチャンピオンシップ2試合が行われました。

○2回戦・第2試合「長谷川 vs 河野(妻)」
 初の3回戦進出を目指して燃えに燃えている舞蝶夫人。それを迎え撃つは百戦錬磨のハセガワさん。さて、番狂わせは起きるか? 10:03、ハセガワさんのサービスで試合開始。なお、スケジュールの都合上、この戦いは特例的に2番コートで行われた。
1)ハセガワさんがサービスポイントを量産。DFで40-15となるもドロップエースでキープ。ハ1ー0舞
2)ハセガワさんがいきなりリターンエース。舞蝶夫人の浅い球は全て餌食となり0-30。DFで0-40となり、ハセガワさんのドロップエースが決まってブレイク。ハ2ー0舞
3)舞蝶夫人の浅い球はハセガワさんのフォアでどんどん決められ、30-0。攻め込むハセガワさんに対し舞蝶夫人が深いロブを放つも技ありのボレーエースで40-0。ここで舞蝶夫人のドロップリターンが炸裂し40-15となったが、浅くなったリターンをフォアで仕留められるというお決まりのパターンでキープ。ハ3ー0舞
4)ハセガワさんのリターンがネットで15-0。舞蝶夫人がボレーで振り回されながらよく拾ったが3本目のボレーを決められ15-15。舞蝶夫人はドロップなどで懸命にハセガワさんを揺さぶろうとするが、きわどい所を狙うとミスが出てサービスキープに失敗。ハ4ー0舞
5)舞蝶夫人が深いラリーをよく続けてハセガワさんのフォアネットを誘い0-15。しかしハセガワさんのボレーエースで15-15。舞蝶夫人がリターンミスで30-15。ハセガワさんが3球目をサイドアウトして30-30。ハセガワさんのフォアの打ち込みがギリギリオンラインで40-30。舞蝶夫人のネットミスでハセガワさんがキープ。ハ5ー0舞
6)ハセガワさんのリターンエースで0-15。ハセガワさんのフォアネットで15-15。ハセガワさんのパッシングショットがアウトで30-15。ハセガワさんのフォアのリターンエースで30-30。ハセガワさんのバックのリターンがサイドアウトで40-30。舞蝶夫人がついにこの試合初のゲームポイントを握った。しかしここでハセガワさんがフォアボレーをアングルに決めてデュース。ハセガワさんがドロップボレーでエースを奪いAd.R。最後はハセガワさんのリターンウィナーで試合終了。
試合終了時刻は10:20。試合時間は17分。

(Oは自分のサービスをキープ。Xは相手のサービスをブレイク。)
ハ|OXOXOX|6
舞|      |0

 舞蝶夫人はなるべく深いショットを打とうとするが、先に先にハセガワさんが舞蝶夫人を振り回すのでどうしても先に浅い球を打ってしまい、それをアプローチショットやボレーでエースを量産されるというパターンが終始続いた。唯一、最後の第6ゲームはよく粘ってゲームポイントまで持って行ったので、いよいよ舞蝶夫人も「攻撃力」を身に付ける時期に来たと自覚した模様。来年はさらなるブレイクスルーを期待したい。一方、なんとか無事に3回戦へ駒を進めたハセガワさん。落ち着いてオープンコートを突き続けた試合巧者ぶりはさすが。次の相手は過去2年連続でベスト8という成績を収めているよしじい。六十代ながら軽快な動きを誇る両長老同士の激突をお見逃しなく。


○3回戦・第1試合「多田 vs 北川(夫)」
 とがじいとの大接戦を辛くも制したただじいを待ち受けていたのは、現在実力赤丸急上昇中のキタガワ夫。11:09、1番コートにてキタガワ夫のサービスで試合開始。
1)ただじいのフォアネットで15-0。ドロップリターンをキタガワ夫が打ち込みに行ったがネットにかけて15-15。DFで15-30。キタガワ夫のフォアの逆クロスが深く入り30-30。ただじいのフォアリターンが大アウトで40-30。DFでデュース。キタガワ夫が3球目をフォアで吹かしてAd.R。ただじいがバックスライスでよく凌ぎキタガワ夫のフォアギリギリアウトを引き出した。ブレイク。キ0ー1た
2)ただじいのバックハンドスライスがオーバーで0-30。お互いにバックのスライスが切れている。キタガワ夫がバックボレーをネットにかけて15-30。キタガワ夫、フォアのアングルボレーエースで15-40。ラリー中、ただじいのバックスライスがネットでサービスダウン。キ1ー1た
3)キタガワ夫のワイドサービスをただじいのフォアリターンがネット、15-0。キタガワ夫、バックスライスクロスがサイドアウトで15-15。サービスの時に太陽がまぶしそう。しかしサービスをよくワイドに集めてフォアリターンのサイドアウトを引き出し30-15。ただじいのフォアがかすれ当たりになりネット、40-15。ただじいのバックハンドフラットドライブがネットにかかりキタガワ夫がキープ。キ2ー1た
4)キタガワ夫のフォアがサイドアウト、15-0。キタガワ夫、フォアのパッシングが決まり15-15。ただじいのバックハンドスライスがオーバーアウトで15-30。ただじいはサングラス効果でサービス時もまぶしくなさそう。キタガワ夫がただじいのドロップによく追いついてバックスライスでパッシング、30-30。ただじいが無理なトスを強引に打ってDF、30-40。前後に振りつつフォアエース。ゲーム・・・のはずが15-40ということで両者が合意。これはラリーが熱くて長い時ほど起きること。ただじいがフォアをネットにかけてダウン。キ3ー1た
5)キタガワ夫がグラウンドスマッシュを落ち着いてバック側へちょんと流しこんで15-0。ただじいのフォアリターンがオーバーアウトで30-0。キタガワ夫のバッククロスがサイドアウトで30-15。ただじいのフォアリターンがバック側へ短く決まり30-30。キタガワ夫のフォアがオーバーアウトで30-40。キタガワ夫のフォアがネットでダウン。キ3ー2た
6)キタガワ夫のフォアリターンがオーバーアウトで15-0。キタガワ夫のフォア・ダウンザラインがエースで15-15。ただじいのバックスライスが当たり損ねて15-30。ただじいのバックドライブが深く入り30-30。キタガワ夫のバックスライスアプローチがそのままエースになり30-40。ただじいがDFでダウン。キ4ー2た
7)ただじいのフォアリターンウィナーで0-15。ただじいのボレー振り回しをキタガワ夫がよく拾い15-15・・・のはずが30-15。キタガワ夫のバックスライスがネットで30-30。長いストロークの捻り合いからキタガワ夫のフォアアプローチがサイドアウトで30-40。キタガワ夫のフォア打ち込みがオーバーアウトでダウン。キ4ー3た
8)ただじいのバックハンドフラットドライブのアプローチがウィナーとなって15-0。ボレー対ストロークでただじいのバックハンドストロークがネットにかかり15-15。ラリーの捻り合いからただじいのパッシングが惜しくもサイドアウトとなり15-30。ただじいのナイスサーブでキタガワ夫のバックリターンがネット、30-30。ただじいのフォアが当たり損ね30-40。ただじいがDFでダウンするのは2度目。キ5ー3た
9)キタガワ夫のServing for the match。ただじいがフォアを強めに打ったがサイドアウトで15-0。ただじいの打ち込みをキタガワ夫がフォアで深く切り返しエース、30-0。キタガワ夫のフォアのダウンザラインがオンラインエース、40-0、トリプルマッチポイント。キタガワ夫がフォアのダウンザラインを狙ったがサイドアウト、40-15。ただじいがフォアリターンを強打したがサイドアウトで試合終了。
終了時刻は11:36。試合時間は27分。

(Oは自分のサービスをキープ。Xは相手のサービスをブレイク。)
北| XOX X XO|6
多|X   X X  |3

 ただじいはとがじい戦の反省から"より自分らしく積極的なテニスをする"というのがゲームプランだった模様。確かにこの試合では強めのショットでキタガワ夫を攻め立てる場面が多く見られたが、キタガワ夫もただじいの攻撃によく耐え、よく反撃した。お互いに押す所は押し、抑える所は抑えた好ゲームだったと言えよう。ただじいのテニス寿命があと20年とすると、両者の戦いはこれからもまだまだ続く。今後も楽しみなカードであることは間違いない。ちなみに勝者キタガワ夫の次戦の相手はワタクシこと広報部長・・・くぅ〜、初戦から厳しい!

というわけで、ドロー表の左上のパートは早くも準々決勝のカードが出来上がりました。

問題は下半分ですねぇ。

全てはミズノくんとミキティの出席率にかかっているという訳ですか。

2人には一応、10月最終週が2回戦のタイムリミットだとは伝えてあります。

なんとか実現すると良いんですが。

次回はこの月曜日のクラブテニスについて。

お楽しみに。

PCA_singles151012.png
posted by 広報部長 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2015

2015年10月09日

チャンピオンシップ2試合

10月4日(日)、2試合が行われた。

今回は広報部長が不在であったためキタガワ夫によるリポートをほぼそのままお届けする。

○2回戦・第1試合「富樫 vs 多田」

高い守備力と攻撃型ロブを武器に敵を翻弄するとがじいに対するは、あらゆるショットの質の高さと攻撃力で長老ズの頂点に君臨し続けてきたただじい。強い日差しが照りつける11:08、とがじいのサービスでスタート。

1)30-30から、硬さの残るとがじいにミスが出てブレイク。と0ー1た
2)本領のロブ合戦に持ち込むと、とがじいの硬さがほぐれてきた。見事ロブ戦を制し、ブレイクバック。と1ー1た
3)このゲームから積極的に前へ出るとがじい。30-30から粘るただじいを押し切ってサービスキープ。と2ー1た
4)この時間帯はコート奥側、Adv. sideからのサーブに太陽が入る。ただじいは奇をてらったアンダーサーブとDeuce sideからの快速サーブを見舞うも、とがじいが粘り勝ちでブレイク。と3ー1た
5)とがじいが好調ぶりを発揮。あっさり40-0とすると、ただじいの粘り及ばずサービスキープ。と4ー1た
6)ここを落とすと厳しいただじい、とがじいのお株を奪う頭越しのロブやサービスA (SA)で40-0に。とがじいが一本を返すも、40-15からキープ。と4ー2た
7)このゲームをキープして圧倒的優位に立ちたいとがじい、そして勝つにはどうしてもここでブレイクが欲しいただじい。流れを占う重要なゲームだった。快調なサービスとストロークを入れ続けるとがじいに対し、フォアスライスやバックハンドロブを駆使してチャンスを窺うただじいが粘る展開に。15-40から業を煮やしたとがじいがネットに詰めて見事なボレーで30-40に戻す。しかし長いラリーから短くなってしまったとがじいの球を、ただじいが順クロスへ目の覚めるようなエース。初のDeuceへ。ここも長いラリーが2本続いたが、とがじいが粘り勝ちで大きなキープ。と5ー2た
8)窮地に立たされたただじいに対し攻撃の手を緩めないとがじい。長いラリーだったが、ここはただじいが意地のキープ。と5ー3た
9)ここで決めておきたいとがじい、あっという間に40-0に進め、トリプルマッチポイント! しかしここからのただじいが凄かった。まさに執念といっていい粘りでDeuceへ戻すと、そのままブレイク成功。と5ー4た
10)この日気温は27℃ほどもあり、日差しも強かった。両者の体力はもはや限界に近かったはずだが、どちらも譲らない。ロングラリーを1本制したただじいは、その後も勢いの衰えないSAでポイントをリード。とがじいも絶妙のライン際ロブで反撃するも、見事なサービスキープでただじいはスコアをイーブンに戻す。と5ー5た
11)少々気が緩んだか、ただじいの連続リターンミスでとがじいは30-0とリード。その後1ポイントずつ進め40-15となるも、ただじいが驚異的な集中力で粘りをみせて2ポイントを返しDeuceに。Adv. Serverからも、ただじいがフォアスライスとバックハンドロブで粘る! Deuce#2。ここでのブレイクは絶対に避けたいとがじい、粘るただじいをスマッシュで叩き伏せた。見事なキープに雄叫びを上げる。と6ー5た
12)もう両者とも体力の限界は超えていたに違いない。わずかな気力の揺らぎが勝負を左右する領域に入った。しかし、ただじいのサービスが全く衰えない。SAで15-0。続いてはネットミスで15-15。その後SAを含み40-30までもつれるも、ただじいが見事キープ。今大会初のタイブレークに突入した。と6ー6た
Tie Break)とがじいーただじいの順に、0-1, 1-1, 1-2, 2-2, 2-3, 2-4, 3-4, 3-5, 4-5, 4-6, 5-6, 6-7でゲームセット。申し訳ないが、ここでの戦いはスコアの記録が精一杯だった。やけにコートが静かだったことを記憶している。奥の2面を空にして、クラブ員全てがこの死闘を見届けるほうを選んだことだけお伝えしておく。試合終了時刻は12:05。試合時間は57分であった。

 まさに死闘。トリプルマッチポイントから挽回したただじいの精神力、体力の限界ギリギリにおいて、第11ゲームを気迫でキープしたとがじい。最後の最後まで死力を尽くして戦った両者にはこの戦いを見届けた全クラブ員から大きな拍手が贈られた。なお、この後両者は間髪いれず次のダブルス戦へ戻っていった。クールダウンのため、らしい。。。
(Oは自分のサービスをキープ、Xは相手のサービスをブレイク、Tはタイブレイク勝利)
と| XOXO O   O  |6
た|X    O OXO OT|7


○1回戦・第3試合「陰山 vs 北川(妻)」

PCAきっての攻撃型プレーヤーであるカゲヤマさんとみっちーの戦いは、1試合目のただじいーとがじい戦の興奮冷めやらぬ12:08にカゲヤマさんのサーブでスタート。
1)いきなりのナイスサーブとみっちーのネットミスで30-0と先行。ところがカゲヤマさんのDF、ネットミスでDeuceへ。みっちーがワイドへ決めにかかったボールをカゲヤマさんが追いつきダウンザラインへ決めるなど素晴らしいショットを見せるも4回目のDeuceから痛恨の2連続DFでブレイク。陰0ー1路
2)ネットインながらカゲヤマさんがリターンを気合でねじ込んで15-15に戻すと、強烈なリターンエースを連続で決めて一気に15-40へ。その後みっちーはカゲヤマさんのミスで30-40へ戻すも、自らのオーバーミスでブレイクを許す。陰1ー1路
3)カゲヤマさんのDFで15-15に並ばれた後、強打がホームランで15-30。次のラリーもみっちーが粘り15-40。負けじと強烈サーブで30-40へ戻した後、Deuceへ持ち込む。その後2回目のDeuceからサービスエース(SA)でキープ。陰2ー1路
4)みっちーのSA2連発で30-0。その後40-30からはカゲヤマさんがスマッシュを叩き込みDeuceへ。ここでみっちーがカゲヤマさんの短い球を回りこんで逆クロスへエース。Adv. Sとしたあと、またも強烈サーブ。見事サービスキープ。陰2ー2路
5)カゲヤマさんのDFが2つとスマッシュミスで0-40。その後痛恨のDFでブレイク。陰2ー3路
6)みっちーのサーブがうなり15-0。しかし、負けじとカゲヤマさんの強烈リターンが続けて炸裂。15-40へ持ち込み、その後見事なブレイク。両者一歩も譲らず。陰3ー3路
7)15-15からカゲヤマさんがみっちーのリターンを強打するもネットに掛け15-30。DFで15-40。その後みっちーのドロップリターンが決まりブレイク。陰3ー4路
8)みっちーのDFで0-15。さらにカゲヤマさんがみっちーのアウトを誘って0-30の後、今度はみっちーがスピードサーブでお返しの15-30。ついでカゲヤマさんのリターンミスで30-30。しかし次にみっちーがポイントを落とし30-40とすると、痛恨のDF。再びブレイク。陰4ー4路
9)30-30に進めた後、カゲヤマさんのオーバーミスが2連発。これは痛い。陰4ー5路
10)みっちーのServing for the match。みっちーがナイスサーブを決め、カゲヤマさんのリターンが短くなる。フォアに回り込んだみっちーがダウンザラインへ叩くも悔しいジャストオーバーで0-15。DFで0-30。ところが今日のみっちーは一味違った。ここでも集中力を切らさず強烈サーブを叩き込み15-30に戻す。ここでカゲヤマさん、みっちーの2ndサービスをサービスライン直下のショートバウンドで受けて前へ勝負に出る! セイバー! しかし深く決まったサーブの球威が勝り失敗、30-30。次はカゲヤマさんの強烈フォアが唸って30-40。正念場のサーブであったが、ここでDF。ブレイク。ここまで第5ゲームから6ゲーム連続のブレイク合戦。どちらが先にサービスキープを出すのか!? 陰5ー5路
11)カゲヤマさんDFで0-15。しかしカゲヤマさんも意地を見せる。2連続SAを決め30-15。みっちーも負けじと強烈リターンで30-30。ここで集中力を発揮したカゲヤマさん、素晴らしいSAで40-30に。つづくポイントもみっちーのリターンネットを誘いサービスキープに成功! これは大きい。陰6ー5路
12)圧倒的不利に立たされたみっちー、体力的にもキツイはず。しかし今日のみっちーは集中力を切らさない。いきなりセンターへ文句なしのSAで15-0。続いてカゲヤマさんの焦りを誘ったかリターンオーバーで30-0。さらに伸びのあるサーブが決まる。40-0。DFで40-15とするも続くカゲヤマさんがリターンミス。執念のサービスキープをここで見せる。陰6ー6路
Tie Break)なんと2試合連続の6-6 タイブレークへ。みっちーのミニブレークで陰0ー1路とすると、カゲヤマさんのミスとみっちーの強烈サーブで陰0ー3路に。次のポイントは長いラリー。ロブ気味の球でチャンスを待つみっちーに対し、ほぼベースラインからグラウンドスマッシュをダウンザラインに叩き込み、意地の陰1ー3路。しかし次のポイントを痛恨のDFで陰1ー4路。ここへ来てもみっちーの快調サービスが続く。陰1ー5路。次も好サーブ。カゲヤマさんのリターンミスで陰1ー6路。最後はカゲヤマさんも力尽きたか、DFでゲームセット。陰1ー7路 試合終了時刻は12:59。試合時間は51分。
(Oは自分のサービスをキープ、Xは相手のサービスをブレイク、Tはタイブレイク勝利)
陰| XO  X X XO  |6
路|X  OX X X  OT|7

 クラブチャンピオンシップでのうれしい初勝利をあげたみっちーに、まずはおめでとうと言いたい。テニスには技術や体力が求められるが、それ以上に著者はこの戦いに精神力の勝負を見た。その迫力には、こちらの身が引き締まる思いであった。一方、カゲヤマさんは今回の参加が初となるチャンピオンシップ。ただじいvsとがじい戦もそうであったが、各位の試合に臨む姿勢と本気度に面食らったところも大きかったことであろう。両者ともに言えることだが、この緊張感の中、最後まで攻撃の姿勢を緩めずに仕合いきったその姿勢に、恐れを覚えた方は多いだろう。必ずこの両者は更にレベルを上げて、来年この場に臨むに違いない。

熱い!

熱過ぎる!


キタガワ夫、どうもありがとう!

とがじいはまたもやマッチポイント(しかも3つ)を逃しての敗戦、残念です!

タイブレークはちゃんと2ポイント差がつくまでやったんでしょうか?(笑)

そしてみっちーは初の1回戦突破おめでとう!

その後の飲ミニケーションも美味そうな酒を飲んでたね!

さあ、これで1回戦が全て終わりました。

2回戦の残る3試合はいつ実現するかかなり不安ですが(笑)、出会ったらすぐやっちゃってくださいね!

では、明日からの3連休について。

土曜は通常のテニス&飲ミニケーションです。

日曜はテニスは通常通りですが、13:00以降は女子フットサルがありますので関係各位はご留意ください。

なお、この日曜は僕はテニス協会員の仕事の1つとして朝霞市民体育祭の運営のお手伝いがあるので完全欠席です。

月曜はいつも通りの祝日で、8:00〜15:00がクラブテニスの時間です。

飲ミニケーションではスパークしましょう!

ではまた。


PCA_singles151004.png
posted by 広報部長 at 20:33| Comment(1) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2015

2015年10月01日

チャンピオンシップ2015開幕!

9月20日(日)にチャンピオンシップの開幕戦、そして27日(日)に1回戦第2試合が行われました。

○1回戦・第1試合「西川 vs 河野(妻)」
 その時は突然訪れた。男女混合の現在のチャンピオンシップのスタイルになって初めてと言って良いだろう。ついに実現した女同士の戦い。この時、2人の他にクラブにいたのはかっきー唯独り。その歴史の生き証人からのレポートをほぼそのまま載せる。
1)マドンナのサーブでスタート。いきなり10分以上のロングゲーム。アドバンテージまで行くもなかなか取りきれなかった何度目かのゲームポイントをようやく取り、マドンナがキープ。マ1ー0舞
2)第1ゲームのダメージかマドンナがミスを連発。舞蝶夫人がスムーズにキープ。マ1ー1舞
3)マドンナの疲れを見透かしたか(!?)舞蝶夫人の短いショットをマドンナが拾いきれず舞蝶夫人がブレイク。マ1ー2舞
4)舞蝶夫人が勢いに乗りスムーズにゲームポイントまで到達するが、そこからマドンナが強打で反撃、ブレイクバック。マ2ー2舞
5)マドンナが腰に手を当てるシーンが目立つ。ミス連発でサービスダウン。マ2ー3舞
6)舞蝶夫人がマドンナの強打を確実に返し、ミスを誘う展開でキープ。マ2ー4舞
7)マドンナがエース狙いの強打で挽回を試みるが、如何せん足がついていかず。舞蝶夫人が手堅いプレーでブレイク。マ2ー5舞
8)舞蝶夫人が淡々とポイントを重ね、サービスキープ。試合終了。マ2ー6舞
(Oは自分のサービスをキープ。Xは相手のサービスをブレイク。)
マ|O  X    |2
舞| OX XOXO|6

 最初の4ゲームで体力を奪われたマドンナが途中で力尽きた模様。しかし一瞬のきらめきを放つ華のあるテニスがマドンナテニスの神髄であるからして、これからもそのきらめきを大事にして行ってもらいたい。さて、舞蝶夫人はこのところ励んでいたシングルス用特訓の成果が実った形で勝利を収めた。次のラウンドで待つのは超攻撃型テニスを見せるハセガワさん。そのネットプレーを舞蝶夫人がどのように凌ぐのか? 興味は尽きない。


○1回戦・第2試合「諸根 vs 小島(周)」
 これも1回戦で見るには贅沢なカードとなった。長老ズの重鎮同士の激突。2階サロンのテーブルでは毎度並んで座って名コンビの酔っぱらい1号&2号がコートの上でどのようなねじり合いを見せてくれるのか。11:57、もろじいのサービスで試合開始。
1)最初の2ポイントはもろじいがしゅうじいの深いリターンに全く対応できず、いかにも「今来たばかりです」といった動きの硬さを披露。3ポイント目にようやくラリーになったがしゅうじいがラブゲームでブレイク。諸0ー1周
2)いきなりショートリターンを繰り出してしゅうじいの弱点を突いたもろじいがこの試合初ポイント。それで闘争心に火のついたしゅうじいが渾身のボディーサーブ3発であっという間に40-15。ダブルフォルトで40-30になったがもろじいのフォアがサイドアウトでしゅうじいキープ。諸0ー2周
3)1ポイント目はラリー戦からフォアのエースが出てもろじいがエンジン始動をアピール。しかししゅうじいも15-15から負けじとフォアのエース。お互いに強力なフォアを見せ合ったがしゅうじいの安定度が光りブレイク。諸0ー3周
4)しゅうじいがいきなりワイドにサービスエース。2ポイント目はフォアのエース。そして3ポイント目もワイドへのサービスエース。このゲームはスーパーしゅうじいが降臨しラブゲームキープ。諸0ー4周
5)長いラリーになると分が悪いとみたもろじいが早めにフォアで仕掛けようとするが焦りからかミスが目立つ。しゅうじいがブレイク。諸0ー5周
6)しゅうじいのサービスをもろじいがなんとか触るも2本リターンできず30-0。そしてサービスエースで40-0。40-15からまたもやワイドへサービスエース。しゅうじいがかっこ良くビッグサーブ連発で、12:16、勝利を収めた。試合時間は19分。諸0ー6周
(Oは自分のサービスをキープ。Xは相手のサービスをブレイク。)
諸|      |0
周|XOXOXO|6

 もろじいはいつものようにクラブへ来てすぐの試合となったが、体のほぐれた中盤以降は往年の大空を舞うようなストロークを見せてくれた。ただ、終盤は疲労からか体の軸がぐらついてミスヒットを頻発。長老ズにとってスタミナは必ず付いて回る問題だが、もろじいは元気でコートに立ってくれるだけで若手の励みになる。来年も是非コート上でもろじいダンスを拝見したいと切に願う。さて、しゅうじいはサービス、フォア共に健在。とくにワイドへのサーブとクロスへのフォアはいまだにクラブトップクラスであると言える。次の相手は実の子よりも若いミズノくん。その守備力はもろじいの3倍はゆうにある。しゅうじいの攻撃力が勝るか、ミズノくんの守備力が勝るか。見逃せない一戦である。


というわけで、いよいよ今年のチャンピオンシップが開幕しました!

いや、遅れて大変申し訳ありません。

本来なら9月第1週には始める所をこんなに引っ張ってしまいまして。

今年中に全ての試合を終わらせるためには、みなさんのご協力が不可欠です。

なにとぞよろしくお願い致します。

なお、今週末は

1回戦・第3試合「カゲヤマさん vs みっちー」

2回戦・第1試合「とがじい vs ただじい」

が予定されています。

他にも当該選手同士が顔を合わせたら即座に試合を組む可能性がありますので、どうぞお楽しみに♪

PCA_singles150927.png
posted by 広報部長 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2015