2017年12月26日

チャンピオンシップ2017決勝

○決勝「シマ[1] vs 大巨人」

嶋| KBKBKB|6
巨|K      |1

嶋|  KBKBKB|6
巨|BK      |2

強かったです。

ウチの絶対王者はまさしく「強かった」の一言です。

大巨人は得意のフォアハンドでクロス、逆クロス、ダウンザラインと果敢に攻め続けました。

特にフォアの逆クロスは序盤かなり決まっていました。

しかし鉄壁のディフェンスを誇る王者を完全に崩すまでには至らず。

そして先にチャンスボールを出してしまえば王者の左腕にセットされた主砲が即座に火を吹き、巨人の壁は粉砕されました。

試合時間は第1セットが27分、第2セットが33分。

デュースになったのが第1セット第6ゲームの1度だけだったこともあり、合わせてジャスト60分という短い幕切れでしたが、今大会における大巨人の快進撃がクラブ内に鮮烈なインパクトを残したことは間違いありません。

2014年チャンピオン、2002年チャンピオンを連続で撃破し、2017年シーズンの最終戦まで勝ち残ったという経験は、大巨人にとって大いなる財産となるはずです。

来年は今よりさらに大きな「超大型巨人」となってトーナメントに戻ってくることでしょう。


さて、ついに前人未到の3連覇を成し遂げたシマちゃん。

今年は青葉台での朝霞市シングルスAクラスでも4位に入るなど、そのステイタスを揺るぎなきものにしつつあります。

ただ、それは彼が何もせず簡単に手に入れたわけではありません。

彼の強さは全て毎週末における技の研鑽によるものなのです。

「強くなるための練習を最もたくさん行なっているから現在最も強い。」

それを体現しているのが今のシマちゃんなのであります。

いよいよ円熟味を帯びて来たこの絶対王者を、来年倒す選手が現れるのか?

それとも無人の野をいく4連覇を達成するのか?

今から楽しみでなりません。

みなさん、今年も試合進行のご協力、誠にありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。


なお、あと数時間後に我が家は九州帰省へ出発します。

日曜に行われた今年の最終クラブテニスの模様は、九州に着いてからアップしますね。

どうぞお楽しみに。

PCA_singles171224.png
posted by 広報部長 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2017

2017年12月20日

チャンピオンシップ準決勝2試合

○準決勝・第1試合「シマちゃん[1] vs 石田会長[4]」

第1セット
嶋|BK KBKB|6
石|  K    |1

第2セット
嶋| BKBKBK|6
石|B      |1

会長は終始攻撃的に行きましたが、シマちゃんのディフェンス力は強いどころではありませんでした。

「これは決まった!」と思わせる会長の球が、何度も何度も返ってくる、しかも鋭い球で返ってくる様は、ギャラリーも口あんぐり。

この男から1ポイントを取るのにどれだけ大変な仕事になるのか・・・

ましてや1ゲームを取るなど・・・

さらには1セット・・・

そして決勝進出のためには2セット取る必要があり・・・

もう気が遠くなりそうです。

また、相手にそう感じさせるのが絶対王者の強さということでもあります。

いよいよ前人未到の3連覇に王手がかかりました。

今のところ死角は見えません。



○準決勝・第2試合「かっきー[3] vs 大巨人」

第1セット
柿| K  BK KBK|6
巨|K KB  K   |4

第2セット
柿|   K   |1
巨|KBK KBK|6

第3セット
柿|K KB     |3
巨| K  BKBKB|6

夏子を山梨の大会へ引率していたので、残念ながら僕がこの試合を見たのは第3セット第6ゲームからでした。

大巨人がファイナルセットまでもつれこんでサスペンディッドになったと聞いた時には、かの高地で思わず歓声をあげましたが、その6日後に再開されてからの怒涛の4ゲーム連取はまさに圧巻。

僕が負かされたのと全く同じパターンでかっきーがやられていく様をコートサイドで目の当たりにし、新時代の到来を感じずにはいられませんでした。

チャンピオン経験者2人を連破し、ついに決勝進出です。

今年の大巨人は、青葉台でも結果を出しています。

10月 朝霞市シングルス男子Bクラス 3位
11月 秋桜カップ男子ダブルスBクラス 準優勝

今年のウチのクラブでは間違いなく最も成長した選手「Most Improved Player」と言えるでしょう。


というわけで、いよいよチャンピオンシップ2017もあと1試合を残すのみとなりました。

 決勝「シマちゃん[1] vs 大巨人」
 12月24日(日)11:00開始

みなさん、お見逃しなく。

PCA_singles171216.png
posted by 広報部長 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2017

2017年12月07日

チャンピオンシップ準々決勝2試合

○準々決勝 第3試合「シマちゃん vs ささっくん」

佐| B   B  |2
嶋|B BKB BK|6

僕は残念ながら見てませんが、とっても熱い戦いだったらしいですね。

クラブ屈指のトップスピナー同士の対決は、ささっくんが懸命に攻撃するもシマちゃんががっつり受け切る展開だったとか。

あ〜、見たかった〜。

ともかくこれでシマちゃんは2008年から続く連続ベスト4進出記録を「10」まで伸ばし、僕と並びました。

ささっくんはこれがまだデビュー戦なので、来年以降は台風の目になるかも知れませんね。


○準々決勝 第4試合「石田会長 vs 春子」

石| BK KBK   K |6
春|B  K   KBK K|6

タイブレーク
石|    KBBK BB KB|8
春|BKKB    B  B  |6

この試合は春子が徹頭徹尾攻めまくり、ほとんどのポイントが春子のウィナーかミスで終わるという試合でした。

第7ゲームで会長が3度のブレイクポイントを凌ぎデュース#3の末にキープして石5ー2春とした時には、誰もが「これで終わった」「波乱はなし」と思ったことでしょう。

しかし次の第8ゲームで30-40、会長のマッチポイントとなってからは、春子が強打強打でデュース#2の末にキープ。

その後も強打のオンパレードで5ー5とまさか追いつくとは。

その後はお互いキープでついに6ー6タイブレークへ。

そのタイブレークも春子がウィナー2発で4ー0とリード。

今年はBIG4のさらにもう一角が崩れるのか!?

しかし、そこから会長が強打にドロップも交えて4ー4とまたもやタイに。

そして石6ー5春、会長のマッチポイント#2でも、春子がフォアのエースで6ー6。

コートサイドの僕は痺れまくりです。

そこから春子のフォアがオーバーアウトになり会長がマッチポイント#3。

春子のサービスが短くなると、懸命に手を前に伸ばして会長が返したリターンがさらに浅くなり、それを春子が拾えず終戦。

1時間5分にわたる大激戦でした。

春子が虫垂炎手術で入院してから1ヶ月、結局ほとんど練習なしのぶっつけ本番だったのに、まさか会長とここまでの試合をするとは想像もしていませんでした。

ていうか、ヤツが選手コースでバリバリ練習してたのは中1までですから、その後の3年半での練習量は例えば僕の20%くらいしかしてないはずなんです。

なのに、僕が打ちたくても打てないようなあのストロークウィナーの数々・・・

会長 ウィナー8 エラー13
春子 ウィナー27 エラー35

数字にも表れてますね。

我が娘を見て、本番で使えるような攻撃力をもっと身につけないといけないとつくづく思った部長でありました。

PCA20171203.jpg
試合終了直後。このコンビの歴史にまた新たなる1ページが。


さて、これでベスト4が出揃いましたね。

今年のチャンピオンシップもこれからの残り3試合は全て3セットマッチとなります。

みなさん、ご協力のほど、なにとぞよろしくお願いいたします。

PCA_singles171203.png
posted by 広報部長 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2017

2017年11月28日

チャンピオンシップ最新結果

○4回戦・第4試合「アライ vs ササキ」

荒|  K  B  |2
佐|BK KB BK|6

僕は群馬に行っていたので見られませんでしたが、実力新人同士の対決はささっくんの方に軍配が上がったようですね。

クラブ屈指のトップスピナーであるささっきんの安定したストローク力を前に、アライさんがどのように2ゲーム奪ったのか興味のあるところです。

ささっくんは準々決勝進出。

ディフェンディングチャンピオン・シマちゃんとのトップスピン対決、見ものですね。


○準々決勝・第2試合「部長 vs 大巨人」

巨| B  K K KBK |6
部|B BK K K   K|6 タイブレークへ

(タイブレーク)
巨|KB K  B KBB|7
部|  K BK B   |4

第10ゲーム、5ー4で僕のサービスの時、40-30のマッチポイントがありました。

しかしそこで痛い痛いダブルフォルト。

そこで自分の体力が切れたのがはっきりと分かりました。

あとは自分から攻めることは全くできず、ずっと大巨人に攻められっぱなし。

だからといってストロークでもネットプレーでも大巨人がミスしてくれることはほとんどありませんでした。

男子では最年少出場者である大巨人はついに念願のベスト4入り。

今年は青葉台での結果も出してますし、本当に強くなったと思います。

次は初の3セットマッチをかっきーと。

どこまで昇っていけるか楽しみですね。

一方、部長は2007年大会から続いていた連続ベスト4以上が「10」で途切れることに。

(現在シマちゃんが2008年大会から継続中。)

チャンピオンシップ史上最長記録を更新中だっただけに残念ですが、自分のテニスを根本的に見直す良い機会と捉え、これからの1年、精進しようと思います。

今週末には準々決勝の残り2試合が行われ、ベスト4が全て出揃う予定です。

お楽しみに。

PCA_singles171126.png
posted by 広報部長 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2017

2017年11月17日

準々決勝・第1試合

◯準々決勝・第1試合「かっきー vs キタガワ夫」

 いよいよ今年もBIG4が戦いの舞台に上がる時期となった。最初に登場するのはかっきー。2012年から2016年まで5大会連続ベスト4と常に高いパフォーマンスを見せて来たこの実力者が迎え撃つのは、若手の筆頭株キタガワ夫である。過去3大会連続でベスト8に入っており、2014年は会長に4ー6、2015年は部長に3ー6、2016年はシマちゃんに5ー6ret.と、もういつ4強の一角を崩してもおかしくない。年齢も1学年かっきーが上なだけ。この両者の対決や如何に。

1・柿)いきなりデュースゲーム。柿のフォアもバックも低く滑りまくりでキープ。柿1ー0北
2・北)柿のスライスに北が頻繁にミスらされる。15-40からDF。柿2ー0北
3・柿)柿のバックハンドスライスが攻めも守りも万能。柿の良い所ばかりが目立つ。柿3ー0北
4・北)30-30からワイドへサービスエース! 北のエンジンがついにかかったか。柿3ー1北
5・柿)北がフォアで攻撃開始。デュース#2からブレイク。柿はフォアのミス頻出。柿3ー2北
6・北)高速ファーストサービス入りまくり。ラブゲームキープでついに追いついた。柿3ー3北
7・柿)北のフォアが冴えまくるが柿のバック攻めが功を奏し流れを止める大きなキープ。柿4ー3北
8・北)北がフォアもバックもあまり強打しなくなった途端に柿がネットプレーを多用。デュース#3から柿がネットに詰めて長い長いサービスゲームをブレイク。柿5ー3北
9・柿)柿が得意のバックの打ち合いに持ち込んで40-30から勝負あり。柿6ー3北

柿|KBK   KBK|6
北|   KBK   |3

 キタガワ夫は今年も限りなくベスト4の高みへ肉薄した。特に0ー3からサービスとフォアによる攻撃で3ー3と追いついた時には完全にキタガワ夫のペース。しかし、すんでのところで相手をバックハンドクロスの打ち合いに引きずり込むかっきーの勝負術の前に屈した形に。実に惜しかったが、昨年よりレベルアップしていることは間違いない。あとは磨いた技術の使い方と出し所。それだけではなかろうか。
 さて、これで6年連続で準決勝に駒を進めたかっきー。「安心と信頼のバックハンドスライス」はこの日も健在だった。次の相手が決まるまでまだ少々日数がかかりそうなので、2005年準優勝以来遠ざかっている決勝の舞台を目指して、その刃を研ぐ時間は十二分に残されている。

こんなカンジで素晴らしい準々決勝の初戦が終わりました。

コートサイドで見ていて実に面白かったです!


というわけで、今週末について。

明日土曜は通常のレッスン&クラブテニスですが、雨の予報ですねぇ・・・

日曜も通常通りですが、予報は晴れ。

僕はテニスもアフターテニスもフル参戦しますよ!

それではまた。

PCA_singles171111.png
posted by 広報部長 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2017

2017年11月09日

チャンピオンシップ3回戦・第4試合

○3回戦・第4試合「ハセガワ vs アライ」

11月3日(金・祝)

長|KB   BK K   |5
荒|  BKB  K KBK|7

最初にハセガワさんが2ゲーム連取し、第3ゲームも0-40のピンチを凌いでデュースまで持ち込んだ時には、ワンサイドになる予感がしたんです。

ところが、ところが。

第3ゲームは結局デュース#3の末にアライさんがフォアのパッシングエースでブレイクすると、次を40-30からナイスセカンドサービスでキープ。

第5ゲームはデュース#1からアライさんがリターンで押してブレイクし逆転。

すると今度はハセガワさんが逆襲でプレッシャーをかけまくり、アライさんのデュース#1後のAd.Rでのダブルフォルトを引き出してブレイクバック、3ー3。

第7ゲームはハセガワさんが40-0から華麗にドロップエースを決めて4ー3と再逆転。

第8ゲームもハセガワさんがフォアのリターンエースなどでアライさんを0-40と追い込み、これで第6ゲームから8ポイント連取。

このままハセガワさんが行くかと思いきや、アライさんがそこからサービスエースを含む5ポイント連取でキープに成功し4ー4。

第9ゲームはハセガワさんが40-15からミス2本でデュースとなるも、アライさんが同様にミス2本で長5ー4荒。

第10ゲームはアライさんが40-30からフォアのパッシングエースでキープ、長5ー5荒。

第11ゲームはデュース#2からアライさんのフォアクロスが火を吹き、Ad.Rでハセガワさんのフォア強打がネット、長5ー6荒。

第12ゲームはアライさんの40-15でハセガワさんのフォアがネットにかかり試合終了。

大激戦とはまさにこのこと!!

今大会唯一の六十代対決はデュースになったゲーム数が12個のうちの6個。

48分間に渡ってお互いに強打を放ち続け、ウィナー量産で我々観客も終始大興奮の熱戦でした。


さて、例年通り11月中にベスト4が出揃えばいいな〜と思っています。

これからやれるのは以下の4試合。

4回戦
「アライさん vs ささっくん」
「ハタケヤマさん vs 大巨人」

準々決勝
「会長 vs 春子」
「かっきー vs キタガワ夫」

今週末はささっくんがお休みのようで、ハタケヤマさんの怪我の具合はどうですかね?

春子は現在退院して5日目で、23日(祝)以降の試合を目指してます。

となると「かっきー vs キタガワ夫」が最も早く実現しそうなカードと言えるでしょうか。

これまた見逃せない一戦!

明日は秋桜カップの模様をお伝えします。

お楽しみに。

PCA_singles171003.png
posted by 広報部長 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2017

2017年10月04日

チャンピオンシップ最新結果

9月30日(土)

○4回戦・第1試合「よしじい vs キタガワ夫」

吉|  K   K |2
北|BK KBK K|6

キタガワ夫が楽に速い球を打っている印象で、相当に上達したな〜と見てる僕も唸っちゃいました。

お互いに良い球を打ったらそれと同じ良い球が返ってくるという見応えのある展開。

それでもキタガワ夫が5ー1とリードしたところで終戦近しと思われましたが、なんとこの第7ゲームの真っ最中にキタガワ夫の左ふくらはぎがビキキッ!

まさかここでリタイアか!?(笑)

しかしあそこからよく踏ん張って被害を最小限に留めましたね〜。

よしじいがかなり厳しく攻め立てましたが、なんとかフィニッシュラインを通過したというヒヤヒヤのゴールインでした。

よしじいは今年が最強!と思わせる今大会のプレーぶりでしたよ。

まだまだ向上してますね!

来年こそベスト8へ!


10月1日(日)

○4回戦・第2試合「チハル vs 春子」

春子|   BKBKBK|6
千春|BKB      |3

春子の試合前の作戦は「チハルさんが追うのも諦めるような球を打ち続ける」でした。

しかし月に2〜3度しかテニスをしないヤツがそんなかっこいいテニスなどできるはずもなく、予想通りにミスのオンパレード(笑)

チハルさんが小生意気なJKの攻めをがっちり受け止め、逆に安定した鋭いショットで3ー0とリードしました。

ウィナーを2本打ってもミスを4本打っていてはゲームは取れません。

これはこのままチハルさんが貫禄勝ちかな〜と思っていたら、第4ゲームからは小娘が小癪にも路線変更。

攻め急がずじわじわとチハルさんを左右に振り始めると、次第に決め球も入るようになり、そこからは6ゲーム連取となってしまいました。

チハルさん、もうちょっとでしたよ!

もうちょっとラリーが続けば春子の体のどこかしらが悲鳴をあげたはずでした!

本当にあとわずか!


○2回戦・第4試合「アライ vs サユリ」

サ|    K  |1
荒|BKBK KB|6

サユリさんは1回戦と同じように速くて低い弾道のショットで果敢に攻めましたが、アライさんのフットワークがかなり良く、慌てさせるまでにはいたりませんでした。

それでも上手い指し回しでサービスキープした第5ゲームの頭脳的なプレーは素晴らしいの一言です!

来年は女子用に新たな企画がありますので、チハルさんと一緒にそこでも是非ブイブイ言わせてくださいね!


というわけで、すでに準々決勝のカードが2つもできてしまいました。

みなさんのご協力、誠に感謝感謝であります。

なお、ハセガワさんとアライさんは共に今週末は不在ですので、この好カードが見られるのはもうしばらく後になりますね。

次回は朝霞市シングルス男子Bクラスの模様をお伝えするつもりですが、その前に、明日はシマちゃんと毎年恒例の楽天オープン観戦に行って来ます!

あんまり酔っ払わずに帰宅できたら、そのレポートを挟みますね。

お楽しみに。

PCA_singles171001.png
posted by 広報部長 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2017

2017年09月27日

チャンピオンシップ9/24までの結果

○2回戦 第3試合「タブチ vs 舞蝶夫人」

舞|      |0
淵|BKBKBK|6

舞蝶夫人は第1、2、4ゲームでデュースにもつれ込むなどかなり頑張りましたが、タブチさんを慌てさせるまでにはいたらず。

ほとんどミスのない盤石の指し回しでタブチさんの完勝でした。

舞蝶夫人は球の威力は上がってきているので、あとはその精度を上げられるよう、このまま練習あるのみ!


○3回戦 第3試合「よしじい vs タブチ」

淵|      |0
吉|BKBKBK|6

舞蝶夫人戦で心身共に温まったタブチさんが間髪入れずよしじいに対戦をオファー。

しかし、今度はよしじいがほぼ完璧な内容でタブチさんを完封!

「よしじいってこんなに上手いんだ〜」と観客の誰もが思ったと思います。

タブチさん、今回はよしじいがパーフェクトでした!

また来年頑張りましょう!


○1回戦 第3試合「アライ vs カゲヤマ」

影|      |0
荒|BKBKBK|6

この試合は僕が青葉台の試合に出ていたので代わりに大巨人が詳しくメモを取ってくれていました。

カゲヤマさんに6ゲームで7ポイントしか与えずアライさんが圧勝したようですね。

カゲヤマさんは全てのショットが確実に向上してますので、もうちょっとで諸先輩がたとのテニス歴の差をひっくり返すだけの実力がつくはずです!

頑張りましょう!


というわけで、今週末も熱戦を期待してます!

PCA_singles170924.png
posted by 広報部長 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2017

2017年09月22日

チャンピオンシップ最新結果

9月16日(土)

○1回戦 第1試合「ヤスコ vs サユリ」

ヤ|      |0
サ|BKBKBK|6

ヤスコさんはかなりのフットワークを見せ、時折鋭いストロークウィナーも放ちました。

しかし終始厳しいコースをついて攻めるサユリさんがさすがの指し回しを見せてくれましたね。

第1、第2、第5ゲームはラブゲームでしたが、第3、第4、第6ゲームはデュースまでもつれる激しい展開でした。

お互いにチャンピオンシップはこれが初出場。

だいたいの雰囲気がわかったでしょう?

ヤスコさん、来年もよろしくお願いします!


○3回戦 第1試合「モギ vs 大巨人」

モ|      |0
巨|BKBKBK|6

モギさんはサービスもストロークもかなりの確率で強打を入れていてビックリしました。

ただ、ここはコートカバーリング能力の高い大巨人が一度も相手にゲームポイントやブレイクポイントを与えることなく完勝。

モギさん、テニスは確実に向上してますから、このまま行きましょう!


9月18日(月・祝)

○3回戦 第2試合「チハル vs クボ」

チ|   B B BKBK |
ク|BKB B B    K| 6ー6でタイブレークに突入

(タイブレーク)
チ|K  KK BK BB|7
ク| KK  K  B  |4

これはもう僕ごときの言葉で安易に表現できない展開となりまして・・・書きますけどね♪

最初の3ゲームはチハルさんに緊張の色が濃く、珍しくダブルフォルトやアンフォースドエラーが目立ちました。

一方、クボさんは強打控えめで延々とトップスピンボールを深く打ち続けるという落ち着いた試合運び。

これは最近実力うなぎ登りのクボさんがこのまま押し切るのか・・・

ところが第4ゲームからチハルさんのバックハンドストロークが唸りを上げ始め、鋭いクロスやダウンザライン、そして絶妙なアングルボレーでウィナー連発。

2ー5からの4ゲーム連取は圧巻でした!

5ー6とついに逆転されたところで、クボさんもよくぞ流れを止めるキープを見せましたね。

ここまで両者ともに間違いなくアンフォースドエラーよりウィナーの方が多い素晴らしい内容。

もう「アンタらプロか!」と(笑)

タイブレークも3ー3までお互いにキープし続け、ギャラリーも手に汗握りまくり。

ここからミニブレークをしまくったチハルさんが最後もストロークエースをかっこよく決めた時には全員が「うおおおおっ!」

お金を払ってでも見る価値のある試合でした。

34度に達する暑さの中、1時間10分のスペクタクルなショーを見せてもらえて感謝感激。

チハルさんは去年、とある試合をコートサイドで見終わって「こんなのやってるなんて、みんな凄い!」とか言ってましたよね。

いや、アナタは今年、もっと凄い試合をしましたって(笑)

クボさんも去年より間違いなく上達してますので、この敗戦をプラスのエネルギーに換えて今後も頑張りましょう!


○1回戦 第2試合「舞蝶夫人 vs みっちー」

舞|KBK   K KB|6
み|   KBK K  |4

これも第3ゲームまではみっちーにぶっ放しミスが目立ち、舞蝶夫人がネットプレーからボレーエースを決めるなど好調で3ー0とリード。

しかし第4ゲームからはみっちーがむやみにハードヒットするのではなくしっかりスピンを効かせ始めると、あのパワーの乗った砲丸のような球がコートに収まりだして3ー3に。

単につなぐだけではみっちーがバッチリ構えてしまうので、舞蝶夫人もペースを上げたストロークで応酬。

お互いにキープを続けて4ー5、みっちーのサービス。

このプレッシャーのかかる場面で痛恨のダブルフォルト2本、0-40。

しかし強気の姿勢を崩さず30-40からサービスウィナーを叩き込んで40-40に。

4回目のマッチポイントでは舞蝶夫人のフォアが力んでオーバーアウトになり2回目のデュース。

ここで舞蝶夫人がフォアハンドエースを決め5回目のマッチポイントを迎えると、みっちーのフォアがネットに突き刺さり、45分の熱戦が幕を閉じました。

舞蝶夫人は去年より強打が増え、みっちーは去年よりスピンボールが増えてと、両者とも勝利のために腕を磨いてきてましたね。

みっちー、来年はあれがもっと入るようになるはずだから頑張れ!


というわけで、4試合とも見応え十分、とっても贅沢な観戦をさせていただきました。

1回戦は残り1試合、「アライ vs カゲヤマ」です。

これも楽しみな戦いになりそうですね!

ではまた。

PCA_singles170916.png
(ドローをクリックすると拡大されます。)
posted by 広報部長 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2017

2017年09月13日

チャンピオンシップ2017開幕!

10日(日)の11:00、1番コート上にてドローセレモニーが行われ、ついにドローが完成しました!

そして、その直後に!

栄えある開幕戦、さらに第2戦が行われました!


○2回戦第1試合「チハル vs 会長夫人」
チ|KBK KBK|6
夫|   K   |1

前日土曜にチハルさんからたまたまシングルスの手ほどきを受けていたらしいんですが、まさか自分のチャンピオンシップデビュー戦の相手がその師匠になるとは思ってなかったでしょうね。

それでもしっかり1つサービスキープできたのは立派です。

これからまだまだ上達するでしょうから、来年以降、大いに期待できますね。

PCA20170910-4.JPG
栄えあるオープニングマッチを戦い終えた両者。

チハルさんは次戦でまったく対照的なショットを持つクボさんと対戦します。

非常に楽しみ!


○2回戦第2試合「モギ vs マドンナ」
マ|  K K  |2
モ|BK K BK|6

なんと去年のリターンマッチがすぐさま実現!

これはまさに「灼熱の太陽の下での死闘」でした!

今年はモギさんがリベンジに成功。

次戦、美魔女の魅力で大巨人をノックダウンできるでしょうか!?


今年の1回戦の組み合わせは完全にランダムなくじ引きで決まったんですが、それでも女性は女性同士、男性は男性同士の対決になるという奇遇!

スゴイですね〜〜。

残りの1回戦も全てが楽しみなカードで目が離せません。

今度の3連休が待ち遠しい!

ではまた。

PCA_singles170910.png
posted by 広報部長 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2017

2017年09月08日

チャンピオンシップ2017・ドロー作成その2

では、昨日の続きをば。

第5〜8シードがどこになるかはくじ引きで決めますが、それぞれの対抗馬である第9〜12シードとの組み合わせはどうなるでしょうか。

まだ対戦したことがない組み合わせを並べると以下のようになります。

ハタケヤマ --- よしじい          大巨人
ササキ   --- よしじい ハセガワ クボ  大巨人
キタガワ夫 --- よしじい      クボ  大巨人
春子    ---      ハセガワ クボ  大巨人

なので、まずは選択肢の少ないハセガワさんからくじで決めます。

それからよしじい or クボさんの分を引いて、最後の1枠に大巨人が入ります。

あとは1回戦8枠が埋まれば完成です。

今年はここは完全にランダムなくじ引きにします!

去年までの女性枠は設けません。

もし1回戦出場希望者が8人以上出たらさらに小山を作って対応しますので、みなさん、奮ってご参加ください♪

僕は土曜は終日不在なので、日曜のレッスン2コマ目終了後、ゲーム開始直前に公開でくじ引きをしますね!

なお、土曜は舞蝶夫人は出席しますので、飲ミニケーショングッズを託しておきます。

それではみなさん、今週末にお会いしましょう!

バイなら。
posted by 広報部長 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2017

2017年09月07日

チャンピオンシップ2017・ドロー作成その1

今回は初の試みとして、このブログ上で少しずつドローを作って行きます。

毎年こんな風に作ってるんですよ〜ってのがわかってもらえるんじゃないでしょうか。

まず、第1シードは前年優勝のシマちゃん、その対角にある第2シードは準優勝だったワタクシこと広報部長で決まります。

そして第3&4シードは去年の準決勝敗退者=かっきー&ミキティということになるんですが、ご存知の通り、ミキティは現在休部中です。

かっきーは去年はシマちゃんと当たったので、今年は僕の方で決まり。

で、ミキティの代わりに誰を繰り上げるかなんですが、これまでの実績を勘案して、ここは去年ミキティに負けたイシダ会長ということにさせてください。

次に第5〜8シード。

去年の準々決勝敗退者である、ハタケヤマさん、キタガワ夫、春子は確定とします。

で、残る1人なんですが、これは青葉台での試合実績などを考慮し、ささっくんとさせていただきます。

そして誰がどこの山に入るかと言うと、まずキタガワ夫は2014年に会長、2015年に部長、2016年にシマちゃんとやっているので、必然的に今年はかっきーと対戦することになります。

春子は去年のデビュー戦で部長と対戦したし、かっきーの山はすでに埋まっているので、シマちゃんか会長の山に入ります。

これは日曜のクラブテニス中にみんなの前で本人にくじを引かせます。

で、残った2枠にハタケヤマさんとささっくんがそれぞれ入る・・・と。

これで8シードまでは決まりますね。

さらに第9〜12シードへ進みますとメンツはこれまでの実績から、よしじい、ハセガワさん、大巨人の3人は確定です。

残る1人ですが、ここは外の試合に出て勝ち星も挙げているクボさんを入れさせてください。

今日はここまで。

明日続きをやります。

PCA_singles170907.png
(ドローをクリックすると拡大されます。)
posted by 広報部長 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | チャンピオンシップ2017